「アウトサイドヒッター」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
かつてはレフトないしはライトと呼ばれていたポジションであり、主に高めのオープントスや平行トス、時間差攻撃のセミクイック、バックアタック(後述)、ハイセット(二段トス)等の攻撃を担当する選手を指す<ref>{{Cite web |url=http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/32580/20141016190853436731/JVAKenkyuHokokushu2011_1.pdf|title=エースアタッカーへのトスに関する研究事例|accessdate=2019-11-15}}</ref>。これまで、ウイングスパイカー(WS)という呼称を用いることが多かったが、近年になって日本バレーボール協会は用語統一のための指針を示し、[[ウイングスパイカー]]の呼称を用いずに[[アウトサイドヒッター]]を用いるよう通達を出した<ref>{{Cite web |url=https://www.nikkansports.com/olympic/column/edition/news/201809050000781.html|title=現代のバレーボール用語が分からない人へ送る教科書 - 東京五輪・パラリンピック300回連載 - 五輪コラム : 日刊スポーツ|accessdate=2019-11-15}}</ref>。広義には[[ミドルブロッカー]](センタープレーヤー)以外のスパイカーはアウトサイドヒッターに分類されるが、セッターの対角に入るスパイカーは[[オポジット]](OP)と呼ばれて区別されることが多い。なおため一般に通常はレフト側からの攻撃を主に担う2名の対角ポジションに入る選手をアウトサイドヒッターと呼ぶものと考えて差し支えない(このポジションの選手をエースアタッカー(エース)と呼ぶ(例えば[[石川祐希]]など場合もある)。
 
ほとんどのチームにおいて[[セッター (バレーボール)|セッター]]は前衛においてライト側にまわる関係上、セッター対角のオポジットもライト側に、残る二人のアウトサイドヒッターがレフト側にまわるフォーメーションを組む場合が多い。そのため、レフトにまわるアウトサイドヒッターは右利きの選手が、ライトにまわるオポジットは左利きの選手が務めることが多いが、トップレベルのチームでは必ずしもこの原則が当てはまらない場合もある。
248

回編集