「椿寿夫」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''椿 寿夫'''(つばき としお、[[1928年]][[8月14日]] − )は、[[香川県]][[丸亀市]]出身の[[民法]][[法学|学者]]。[[大宮法科大学院大学]][[教授]]。[[学位]]は[[京都大学]][[博士(法学)|法学博士]]。
 
== 略歴 ==
1952年[[京都大学大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]卒業。[[1972年]]から[[1979年]]まで[[法制審議会]]民法部会[[委員]]。[[1977年]][[博士(法学)|法学博士]](京都大学、学位論文「代物弁済予約の研究」)。[[大阪府立大学]]・[[関西学院大学]]・[[大阪市立大学]]教授・[[筑波大学]]教授・[[明治大学]]教授を経て、[[大宮法科大学院大学]]教授。妻は同じく民法学者の[[椿久美子]]。
[[1977年]][[法学博士]](京都大学、学位論文「代物弁済予約の研究」)。[[大阪府立大学]]・[[関西学院大学]]・[[大阪市立大学]]教授・[[筑波大学]]教授・[[明治大学]]教授を経て、[[大宮法科大学院大学]]教授。妻は同じく民法学者の[[椿久美子]]。
 
日本民法の研究の他にドイツ法に関する研究も行い、学界や実務に大きな影響を与えている。また、数々の研究会を主催し、学界への貢献も大きい。特に、実務家のメンバーを加えた研究会を積極的に主催し、判例と実務の橋渡しも行っている。
また、数々の研究会を主催し、学界への貢献も大きい。特に、実務家のメンバーを加えた研究会を積極的に主催し、判例と実務の橋渡しも行っている。
 
椿語録の一つに「怒りは時効で消滅しない」がある。
 
==関連項目 経歴 ==
*1952年 [[京都大学大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]卒業
*1957年 [[京都大学大学院法学研究科・法学部|京都大学大学院法学研究科]]修了
*1982年 [[明治大学]]法学部教授
 
== 関連項目 ==
*[[京都大学]]
*[[大宮法科大学院大学]]
 
== 外部リンク ==
* [httphttps://kotobank.jp/word/%E6%A4%BF%E5%AF%BF%E5%A4%AB 椿寿夫とは - コトバンク]2012年1月18日閲覧。
 
{{Normdaten}}
{{Academic-bio-stub}}
{{Law-stub}}
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:つはき としお}}
[[Category:日本の法学者]]
[[Category:民法学者]]
匿名利用者