「泣く女」の版間の差分

画像がほしい
(画像がほしい)
『'''泣く女'''』(なくおんな)は、[[パブロ・ピカソ]]が[[1937年]]に描いた絵画作品。ピカソが写真家であり絵も描いた愛人[[ドラ・マール]](本名、アンリエット・テオドラ・マルコヴィッチ)をモデルにした、有名な作品の一つ。
 
ドラ・マールをモデルに描かれた作品には『ドラ・マールの肖像』など油彩に限らず他にもあるが、最もよく知られるのはこの「泣く女」である。ただし「泣く女」をモチーフとした作品には100種類以上のバリエーションがあるといわれる。
 
[[テート・モダン]]所蔵の作品[https://en.wikipedia.org/wiki/The_Weeping_Woman#/media/File:Picasso_The_Weeping_Woman_Tate_identifier_T05010_10.jpg]が最も有名であるが、[[ビクトリア国立美術館]][https://en.wikipedia.org/wiki/The_Weeping_Woman#/media/File:National_Gallery_of_Victoria_Weeping_Woman.jpg]などにも同名作品がある。
 
== 作風 ==
「泣く女」をモチーフとした作品には100種類以上のバリエーションがあるといわれる。その作風は極めていろいろ。目玉が飛び出るほど泣く女。嘆き悲しみ泣く女。ハンカチを食いしばって泣く女。空に叫ぶかのように泣く女。どれも「青」「黒」「黄」「赤」「緑」「橙」など、多色に描かれている。また、[[ゲルニカ (絵画)|ゲルニカ]]と関連強い泣く女の一部は[[モノクローム|モノクロ]]で書かれる場合もある。
 
<!--意味不明なり--->「ゲルニカ」の後に描かれた作品としてはとても珍しいとされている。
 
== ゲルニカに使用された泣く女 ==