「吉岡伸一」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{混同|吉岡伸一|x1=医学者の}}
{{Infobox 人物学者
|= <big>𠮷岡 伸一<br /big>よしおか しんいち
|画像 =
|ふりがな= <small>よしおか・しんいち</small>
|画像サイズ =
|画像代替説明 =
|職業= [[民法学者]]<br/>[[弁護士]]
|画像説明 =
|生誕地= {{JPN}} [[大阪府]]
|全名 =
|生年月日= {{birth date and age|1953|04|14}}
|別名 =
|出身校= [[京都大学]][[法学部]]
|誕生名 =
|団体= [[岡山大学]][[名誉教授]]<br/>[[岡山商科大学]][[教授]]<br/>[[大阪弁護士会]]
|生年月日 = {{birth date and age生年月日と年齢|1953|044|14}}
|著名な実績= 共著『時効管理の実務』の執筆
|生誕地 = {{JPN}} [[大阪府]]
|没年月日 =
|死没地 =
|死因 =
|居住 =
|市民権 =
|国籍 =
|出身校 = [[京都大学]][[大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]
|配偶者 =
|両親 =
|子供 =
|時代 =
|活動地域 =
|出身地 =
|学派 =
|職業研究分野 = [[民法学]]<br />[[弁護士]]
|団体研究機関 = [[岡山大学]][[名誉教授]]<br />[[岡山商科大学]][[教授]]<br/>[[大阪弁護士会]]
|博士課程指導教員 =
|他の指導教員 =
|博士課程指導学生 =
|主な指導学生 =
|学位 =
*2003年4月|称号 -= [[岡山大学]]法学部[[名誉教授]]
|特筆すべき概念 =
|主な業績 =
|著名主要実績作品 = 共著『時効管理の実務』の執筆
|影響を受けた人物 =
|影響を与えた人物 =
|学会 =
|主な受賞歴 =
|署名 =
|公式サイト =
== |脚注 ==
}}
'''𠮷岡 伸一'''<ref>本来の氏の表記は旧字体の「𠮷」である。</ref>('''よしおか しんいち'''、1953年4月 - )は、[[日本]]の[[法学者]]。[[弁護士]]。[[岡山大学]][[名誉教授]]<ref name=":2" />。[[岡山商科大学]][[教授]]<ref>{{Cite web |title=教員プロフィール - 岡山商科大学 |url=http://syllabus.osu.ac.jp/perl/web/teacher.pl?&mode=detail&Teacher_id=688&daigaku_kubun=2&gakubu_gakka=020101000000&year=2019&old_flag=&Groups_id= |website=syllabus.osu.ac.jp |accessdate=2019-03-30}}</ref>。専門は[[民法]]。
 
== 人物 ==
[[研究]][[領域]]は[[担保]]・[[保証]]や[[時効]]、[[金融]][[法務]]、[[債権]][[管理]]など。著書多数。[[法曹]]資格のほかに、[[行政書士]]、[[宅地建物取引主任者]]、[[秘書検定]]2級<ref>{{Cite web |url=https://www.okayama-u.ac.jp/user/hss/up_load_files/pdf/message_p/YOSHIOKA_Shinichi.pdf |title=近年の研究紹介-𠮷岡伸一研究室(2014.10.10) |accessdate=2019/3/-03-21 |publisher=岡山大学}}</ref>。
 
== 研究テーマ ==
*[[金融機関]]の[[消滅時効]][[管理]]
*[[抵当権]]・[[根抵当権]]の管理
== 略歴 ==
*[[1953年]]4月 - [[大阪府]]出身
*[[1977年]]
*[[1977年]]*3月 - [[京都大学]][[大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]卒業 ([[学士(法学)|法学士]])
*1977年4月 - [[株式会社]]大阪銀行(現:[[近畿大阪銀行]])入行
*[[1998年]]3*4月 - [[株式会社]]大阪銀行退職(現:[[近畿大阪銀行]])入行
*[[1998年]]
*1998年4月 - 株式会社三和総合研究所入社
*[[2003年]]*3月 - 株式会社[[UFJ総合研究所]](旧:三和総合研究所)大阪銀行退職
*1998年*4月 - 株式会社三和総合研究所入社
*2003年4月 - [[岡山大学]]法学部[[助教授]]
*[[2003年]]
**3月 - 株式会社[[UFJ総合研究所]](旧:三和総合研究所)退職
**4月 - [[岡山大学]]法学部[[助教授]]
*[[2006年]]4月 - 岡山大学[[大学院]]社会文化科学研究科[[教授]]
*[[2009年]]3月 - [[弁護士]]登録([[大阪弁護士会]])<ref>{{Cite web |title=【大阪弁護士会】会員検索サービス |url=https://www.osakaben.or.jp/web/lawyersearch/result.php?id=039601 |website=www.osakaben.or.jp |accessdate=2019-03-21}}</ref>
*[[2012年]]1月-現在 - 弁護士法人中央総合法律事務所入所<ref name=":0">{{Cite web |title=中央総合法律事務所弁護士等紹介 |url=https://www.clo.jp/lawyers/158/|accessdate=2019-03-17 }}</ref>、客員弁護士。
*[[2019年]]3月 - 岡山大学[[定年退官]]、岡山大学[[名誉教授]]<ref name=":2">{{Cite web |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/56595/2019040516450078915/olj_68_3-4_contents.pdf |title=岡山大學法學會雜誌68巻3・4号〈中富公一教授・高橋正徳准教授・𠮷岡伸一教授退職記念号〉目次 |accessdate=2019.9.1-09-01 |publisher=岡山大学法学会}}</ref>。
*2019年4月-現在 - [[岡山商科大学]]法学部教授
*2019年4月-現在 - *[[岡山商科大学]]法学部非常勤講師教授
**岡山大学法学部非常勤講師
 
== 研究業績<ref name=":1">{{Cite web |title=岡山大学学部案内研究業績-吉岡伸一 |url=https://www.okayama-u.ac.jp/user/law/faculty/achievements/yoshioka.html |accessdate=2019-03-17 }}</ref><!-- 2019年9月現在 --> ==
''';著書'''
*「新金融実務手引シリーズ:融資管理」<共著>(中務嗣治郎監修)ISBN 978-4322108194、金融財政事情研究会、2005年11月
*「時効管理の実務」<共著>(高木多喜男監修)ISBN 978-4322110296、金融財政事情研究会、2007年8月
*「取引先の相続と金融法務」<共著、編集代表> ISBN 978-4322116298、金融財政事情研究会、2010年7月
*「法人保証・法人根保証の法理―その理論と実務」<共著>(椿寿夫編集)ISBN 978-4785718114、商事法務、2010年10月
*「民法学の現在と近未来」<共著>(田井義信編集)ISBN 978-4589034618、法律文化社、2012年11月<ref>{{Cite web |title=『民法学の現在と近未来』田井義信 -書籍紹介-京都の法律文化社- |url=http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN 978-4-589-03461-8 |website=法律文化社 |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
 
''';論文'''
*「賃料債権に対する抵当権者の物上代位による差押えと当該債権への敷金の充当」金融法務事情1669号(金融財政事情研究会)、2003年3月
*「根抵当権を有する別除権者が別除権を放棄する場合と根抵当権設定登記の抹消登記の要否」金融法務事情1687号(金融財政事情研究会)、2003年10月
*「不動産登記の公信力と民法94条2項の関係について」判例タイムズ1134号(判例タイムズ社)、2004年1月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1134号 (2004年01月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3850/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「停止条件付集合債権譲渡担保契約等と破産法による否認」金融法務事情1699号(金融財政事情研究会)、2004年2月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48725/20160528091441282456/olj_055_2_249_284.pdf 差押え等による時効中断およびその取消しの遡及効について]」法学会雑誌55巻2号(岡山大学法学会)、2006年1月<ref>{{Cite web |title=差押え等による時効中断およぴその取消しの遡及効について |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48725 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2006-01-31 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48721/2016052809112026656/olj_055_3%E3%83%BB4_001_023.pdf 民法915条の熟慮期間について]」法学会雑誌55巻3・4号(岡山大学法学会)、2006年3月<ref>{{Cite web |title=民法九一五条の熟慮期間について |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48721 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2006-03-23 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48646/20160528090555436164/olj_059_1_037_071.pdf 民法94条2項の類推適用による登記を信じた者の保護について]」法学会雑誌59巻1号(岡山大学法学会)、2009年9月<ref>{{Cite web |title=民法94条2項の類推適用による登記を信じた者の保護について |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48646 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2009-09-04 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「債権譲渡禁止特約についての一考察」法律時報81巻12号(日本評論社)、2009年11月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48640/20160528090253103327/olj_059_2_201_220.pdf 従業員持ち株会と従業員間の買戻し代金額についての特約]」法学会雑誌59巻2号(岡山大学法学会)、2009年12月<ref>{{Cite web |title=従業員持ち株会と従業員間の買戻し代金額についての特約 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48640 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2009-12-25 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48634/20160528091025297092/olj_059_3%E3%83%BB4_467_490.pdf 債務名義を取得している債権者が仮差押命令を申し立てることの可否]」法学会雑誌59巻3・4号(岡山大学法学会)、2010年3月<ref>{{Cite web |title=債務名義を取得している債権者が仮差押命令を申し立てることの可否 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48634 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2010-03-24 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「差押禁止債権の預金債権への転化と禁止属性の承継」法学会60周年記念論文集(岡山大学法学会)、2010年4月<ref>{{Cite book |title=法学と政治学の新たなる展開 -- 岡山大学創立60周年記念論文集{{!}} 有斐閣 |url=http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641125421}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48597/20160528090703242239/olj_060_1_001_034.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(一)]」 法学会雑誌60巻1号(岡山大学法学会)1-34頁、2010年8月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(一) |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48597 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2010-08-25 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48622/2016052809332031614/olj_060_2_295_311.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(二)]」 法学会雑誌60巻2号(岡山大学法学会)295-311頁、2010年12月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(二) |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48622 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2010-12-24 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48606/20160528092706946214/olj_060_3_495_516.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(三)]」 法学会雑誌60巻3号(岡山大学法学会)495-516頁、2011年2月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(三) |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48606 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2011-02-28 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48600/20160528093308701992/olj_060_4_613_636.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(四)]」 法学会雑誌60巻4号(岡山大学法学会)613-636頁、2011年3月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(四)|url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48600 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2011-03-22 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/47392/20160528083403892335/olj_061_2_217_245.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(五)]」 法学会雑誌61巻2号(岡山大学法学会)217-245頁、2011年12月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(五)|url=http://escholarship.lib.okayama-u.ac.jp/47392 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2011-12-27 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48161/20160528091402231665/olj_061_4_695_706.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(六)]」 法学会雑誌61巻4号(岡山大学法学会)695-706頁、2012年3月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権、特約等の変更(六)|url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48161 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2012-03-21 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54759/20170119111322170266/olj_66_2_465_498.pdf 民事再生手続による担保権、特約等の変更(七-完)]」 法学会雑誌66巻2号(岡山大学法学会)465-498頁、2016年12月<ref>{{Cite web |title=民事再生手続による担保権,特約等の変更(七―完)|url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/54759 |website=Okayama Law Journal |date=2016-12-28 |accessdate=2019-09-28 |first=S.|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「債権差押命令申立書に記載した債権額と配当時の請求金額」NBL948号(商亊法務)、2011年3月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/46855/20160528080332936888/olj_061_1_001_022.pdf 連帯保証人間の求償関係について]」法学会雑誌61巻1号(岡山大学法学会)、2011年8月<ref>{{Cite web |title=連帯保証人間の求償関係について |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/46855 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2011-08-25 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「預金債権差押え申立ての際の「特定」の要件」龍谷法学44巻4号(龍谷法学編集委員会)、2012年3月<ref>{{Cite web |url=http://hdl.handle.net/10519/1620 |title=龍谷大学機関リポジトリ書誌詳細 |accessdate=2019.9.8-09-08 |publisher=龍谷大学図書館}}</ref>
*「借地上の建物を担保取得する際の地主の念書の効力」法律時報85巻1号(日本評論社)、2013年1月
*「児童手当が預金債権へ転化した場合の差押禁止属性の承継」銀行法務21-768号(経済法令研究会)、2014年2月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/53200/20160528121402767284/olj_064_3_4_391_449.pdf 弁護士会照会への回答義務]」法学会雑誌64巻3・4号(岡山大学法学会)、2015年3月<ref>{{Cite web |title=弁護士会照会に対する回答義務 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/53200 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2015-03-19 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「建築協力金と賃料債権との相殺契約、およびその後の法的整理手続開始決定の影響」NBL1064号(商事法務)、2015年12月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54124/20160528123930831957/olj_065_3_4_695_708.pdf 事前求償権による仮差押えと事後求償権の時効中断]」法学会雑誌65巻3・4号(岡山大学法学会)、2016年3月<ref>{{Cite web |title=事前求償権による仮差押えと事後求償権の時効中断 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/54124 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2016-03-18 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54873/20170324170557109617/olj_66_3_4_801_818.pdf 主債務会社の破産と抵当権の消滅時効]」法学会雑誌66巻3・4号(岡山大学法学会)、2017年3月<ref>{{Cite web |title=主債務会社の破産と抵当権の消滅時効 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/54873 |website=Okayama Law Journal |date=2017-03-17 |accessdate=2019-04-14 |first=S.|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「将来債権の譲渡と譲渡禁止特約についての一考察(上)」銀行法務21-821号(経済法令研究会)、2017年11月
*「将来債権の譲渡と譲渡禁止特約についての一考察(下)」銀行法務21-822号(経済法令研究会)、2017年12月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55597/20180104101127650175/olj_67_2_181.pdf 根保証契約と信義則による制限]」法学会雑誌67巻2号(岡山大学法学会)、2017年12月<ref>{{Cite web |title=根保証契約と信義則による制限 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/55597 |website=Okayama Law Journal |date=2017-12-25 |accessdate=2019-09-08 |first=Shinichi|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/55759/20180326131913643011/olj_67_3-4_409.pdf 外為取引における動産の譲渡担保権の利用]」法学会雑誌67巻3号・4号(岡山大学法学会)、2018年3月<ref>{{Cite web |title=外為取引における動産の譲渡担保権の利用 |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/55759 |website=Okayama Law Journal |date=2018-03-20 |accessdate=2019-04-14 |first=Shin-ichi|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/56406/20190107114232788285/olj_68_2_231_247.pdf 不動産は、商法五二一条が商人間の 留置権目的物として定める「物」に当たるのか? : 最一小判平成二九年一二月一四日を中心に]」法学会雑誌68巻2号(岡山大学法学会)、2018年3月<ref>{{Cite web |title=不動産は、商法五二一条が商人間の 留置権目的物として定める「物」に当たるのか? : 最一小判平成二九年一二月一四日を中心に |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/56406 |website=Okayama Law Journal |date=2018-12-27 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=Shinichi|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
 
''';その他(判例評釈等)'''
*「車金融業者による所有権留保自動車の担保取得と不法行為」私法判例リマークス25号(日本評論社)、2002年7月<ref>{{Cite web|title=私法判例リマークス 第25号【2002】下|日本評論社|url=https://www.nippyo.co.jp/shop/book/1944.html|website=www.nippyo.co.jp|accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「弁済供託車金融業者おけ供託金取戻請求所有留保自動車消滅時効の起算点担保取得と不法行為私法判例タイムズ1089リマークス25号(判例タイムズ日本評論社)、2002年7月<ref>{{Cite web |title=私法判例タイムズリマークス 1089第25 (2002年07月15】下|発売) {{!}} 判例タイムズ本評論ホームページ|url=httphttps://www.hantanippyo.co.jp/booksshop/3940book/1944.html |website=www.nippyo.co.jp |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「抵当権の物上代位の目的とな弁済供託におけ供託金取戻請求に対する転付命令消滅時の起算点」判例タイムズ11051089号(判例タイムズ社)、2003200217月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 11051089号 (2003200201070115日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/39083940/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「抵当権の物上代位の目的となる債権に対する転付命令の効力」判例タイムズ1105号(判例タイムズ社)、2003年1月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1105号 (2003年01月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3908/ |accessdate=2019-09-08}}</ref>
*「同一の被保全債権に基づく異なる目的物への仮差押の申立て」金融法務事情1677号(金融財政事情研究会)、2003年6月
*「代理店・管理者等が預かる預金の帰属について」判例タイムズ1123号(判例タイムズ社)、2003年9月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1123号 (2003年09月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3872/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「抵当権の物上代位の目的となる債権に対する転付命令の効力」金融法務事情1684号[金融判例研究13号](金融財政事情研究会)、2003年9月
*「主債務者破産の場合における保証債務履行請求権の時効管理」銀行法務21-623号(経済法令研究会)、2003年10月
*「長期借入人が抵当権の被担保債権を負う場合と引渡命令」金融法務事情1689号(金融財政事情研究会)、2003年10月
*「空リース・空クレジット等に関する保証契約と要素の錯誤について」法律時報76巻7号(日本評論社)、2004年6月
*「差押禁止債権が預金債権に転化したときの強制執行、相殺の可否」判例タイムズ1157号(判例タイムズ社)、2004年11月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1157号 (2004年11月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3804/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「盗取通帳による預金の払戻と銀行の注意義務」私法判例リマークス30号(日本評論社)、2005年2月<ref>{{Cite web |title=私法判例リマークス 第30号【2005】上|日本評論社 |url=https://www.nippyo.co.jp/shop/book/2536.html |website=www.nippyo.co.jp |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「誤振込された預金について銀行が受取人に対する貸付債権をもって相殺することの可否」判例タイムズ1168号(判例タイムズ社)、2005年3月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1168号 (2005年03月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3782/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「取得時効と抵当権の消滅」金融法務事情1745号(金融財政事情研究会)、2005年7月
*「敷金への質権設定・承諾と返還請求の相手方」判例タイムズ1188号(判例タイムズ社)、2005年11月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1188号 (2005年11月15日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3742/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「不渡異議申立預託金の供託義務」判例タイムズ1199号(判例タイムズ社)、2006年3月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1199号 (2006年03月15日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3720/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「質権の設定されて敷金返還請求権についての破産管財人と賃貸人の未払い賃料の充当合意の可否」NBL828号(商事法務研究会)、2006年4月
*「同順位の設定のある根抵当権につき実行の際に申し立てた債権額が請求債権額ではなく配当を要求する額であると認められた例」金融法務事情1773号(金融財政事情研究会)、2006年6月
*「破産者が自由財産の中から任意弁済することの可否」判例タイムズ1216号(判例タイムズ社)、2006年10月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1216号 (2006年10月01日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3686/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「先日付振込み依頼後に債権差押えを受けた場合の組戻し手続の要否」判例タイムズ1222号(判例タイムズ社)、2006年12月<ref>{{Cite web |title=判例タイムズ 1222号 (2006年12月15日発売) {{!}} 判例タイムズ社 ホームページ |url=http://www.hanta.co.jp/books/3674/ |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「[http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48694/20160528091040330450/olj_056_3%E3%83%BB4_890_870.pdf 金融機関役員の役職員の融資決裁における責任]」法学会雑誌56巻3・4号(岡山大学法学会)、2007年3月<ref>{{Cite web |title=金融機関の役職員の融資決裁における責任 |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/48694 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2007-03-23 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「銀行員に建築基準法にかかる説明義務違反があるとされた事例」銀行法務21-671号(経済法令研究会)、2007年3月
*「物上保証人所有不動産に対する競売開始決定正本の債務者への送達と時効中断」判例タイムズ1232号(判例タイムズ社)、2007年4月
*「定額郵便貯金につき共同相続人の一人からの自己の相続分請求が認められなかった事例」金融法務事情1845号(金融財政事情研究会)、2008年9月
*「いわゆる事前求償権の消滅時効の進行」金融法務事情1854号(金融財政事情研究会)、2008年12月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48657/20160528091034705297/olj_058_3_391_405.pdf 寺名義の預金の帰属が争われた事例-さいたま地判平成19年11月16日判例時報2007号79頁-]」法学会雑誌58巻3号(岡山大学法学会)391-405頁、2009年2月<ref>{{Cite web |title=寺名義の預金の帰属が争われた事例 ―さいたま地判平成19年11月16日判例時報2007号79頁― |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48657 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2009-02-27 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48654/20160528090551952984/olj_058_4_521_527.pdf 夜間金庫に投入された金銭の預金成立時期]」 法学会雑誌58巻4号(岡山大学法学会)521-527頁、2009年3月<ref>{{Cite web |title=夜間金庫に投入された金銭の預金成立時期 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48654 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2009-03-25 |accessdate=2019-09-28 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「文書提出命令と金融機関の守秘義務」ファイナンシャルコンプライアンス2009年5月号(銀行研修社)、2009年4月
*「共同相続人の一人からの預金取引経過開示請求について」銀行法務21-708号(経済法令研究会)、2009年10月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48643/20160528093341589212/olj_059_2_255_264.pdf 取立委任手形の譲渡担保手形への変更と手形債権の移転時期]」法学会雑誌59巻2号(岡山大学法学会)、2009年12月<ref>{{Cite web |title=取立委任手形の譲渡担保手形への変更と手形債権の移転時期 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48643 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2009-12-25 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「包括根保証契約における保証債務の求償範囲」金融・商事判例1336号(経済法令研究会)、2010年3月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48634/20160528091025297092/olj_059_3%E3%83%BB4_467_490.pdf 債務名義を取得している債権者が仮差押命令を申し立てることの可否]」法学会雑誌59巻3・4号(岡山大学法学会)、2010年3月<ref>{{Cite web|title=債務名義を取得している債権者が仮差押命令を申し立てることの可否 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48634 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2010-03-24 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「債権者の受領拒絶と供託①および②」民法判例プラクティス第二巻(信山社)、2010年6月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48625/20160528093522632874/olj_060_2_369_390.pdf 四国銀行事件]」法学会雑誌60巻2号(岡山大学法学会)369-390頁、2010年12月<ref>{{Cite web |title=四国銀行事件 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48625 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2010-12-24 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「定額郵便貯金債権が遺産に属することの確認を求める訴えの確認の利益の有無」金融判例研究21号(金融財政事情研究会)、2011年9月
*「『相続させる』遺言と代襲相続」銀行法務21第737号(経済法令研究会)、2011年11月
*「[http://escholarship.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/48094/20160528092317705828/olj_061_3_455_466.pdf 主債務者破産の場合における保証債務履行請求権の時効管理]」法学会雑誌61巻3号(岡山大学法学会)455-466頁、2012年2月<ref>{{Cite web |title=主債務者破産の場合における保証債務履行請求権の時効管理 |url=http://escholarship.lib.okayama-u.ac.jp/48094 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2012-02-28 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「預金契約解約後における取引経過開示義務と実務」銀行実務635号(銀行研修社)、2012年3月
*「銀行の預金の払戻拒絶によるトラブルと実務上の留意点」銀行実務643号(銀行研修社)、2012年11月
*「会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を有する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立て金で弁済充当することの可否」私法判例リマークス46号(日本評論社)、2013年2月
*「巻頭言:反社会的勢力への融資と信用保証協会保証」銀行法務21-766号(経済法令研究会)、2013年12月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52058/20160528115352562666/olj_063_2_307_318.pdf 土壌汚染と瑕疵担保責任]」法学会雑誌63巻2号(岡山大学法学会)、2013年12月<ref>{{Cite web |title=土壌汚染と瑕疵担保責任 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/52058 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2013-12-27 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「銀行と顧客との間で金利スワップ取引契約をするに際しての銀行の説明義務違反の有無」私法判例リマークス48号(日本評論社)、2014年2月
*「明示的一部請求の訴えによる時効中断効」銀行法務21-772号(経済法令研究会)、2014年5月
*「担保物件の滅失と保全・回収」銀行実務665号(銀行研修社)、2014年10月
*「[http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/53034/20160528121918145316/olj_064_2_319_328.pdf 保証人が主債務者を単独相続した場合の弁済と消滅時効の中断]」法学会雑誌64巻2号(岡山大学法学会)、2014年12月<ref>{{Cite web |title=保証人が主債務者を単独相続した場合の弁済と消滅時効の中断 |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/53034 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2014-12-26 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「相続預貯金の払戻し」JA金融法務537号(経済法令研究会)、2015年10月
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/53933/20160528122951656249/olj_065_2_387_397.pdf 民法915条の熟慮期間の起算点に関する最近の2つの裁判例]」法学会雑誌65巻2号(岡山大学法学会)、2015年12月<ref>{{Cite web |title=民法九一五条の熟慮期間の起算点に関する最近の二つの裁判例 |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/53933 |website=岡山大學法學會雜誌 |date=2015-12-25 |accessdate=2019-04-14 |firstauthor=S.|last=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「非公開会社の株式を民法906条に基づき単独相続させた事例」私法判例リマークス52号(日本評論社)、2016年2月<ref>{{Cite web |title=私法判例リマークス 第52号【2016】上|日本評論社 |url=https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7049.html |website=www.nippyo.co.jp |accessdate=2019-09-08|language=ja}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/54519/20160905114401993619/olj_66_1_089_099.pdf 主たる債務者に対する求償権の行使が、共同保証人に対する求償権の時効をも中断するか?]」法学会雑誌66巻1号(岡山大学法学会)、2016年8月<ref>{{Cite web |title=主たる債務者に対する求償権の行使が、 共同保証人に対する求償権の時効をも中断するか? |url=http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/54519|website=Okayama Law Journal |date=2016-08-31 |accessdate=2019-04-14 |first=S.|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「弁護士会照会をめぐる裁判例と最高裁平成28年10月18日判決の与える影響」銀行法務21-809号(経済法令研究会)、2017年1月<ref>{{Cite web |title=銀行法務21 No.809/2017年1月号|経済法令研究会 |url=https://www.khk.co.jp/book/mag_detail.php?pid=52303 |website=www.khk.co.jp |accessdate=2019-09-08}}</ref>
*「共同相続した預貯金債権は遺産分割の対象に」自由と正義68巻7号(日本弁護士連合会)、2017年7月<ref>{{Cite web |title=日本弁護士連合会:自由と正義 2017年Vol.68 No.7[7月号] |url=https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/booklet/year/2017/2017_7.html |website=www.nichibenren.or.jp |accessdate=2019-03-21}}</ref>
*「[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/56970/20190906140611401685/olj_69_1_001_006.pdf 滞納処分による差押えがなされた後に設定された賃借権は買受人に対抗することができるか否か]」法学会雑誌69巻1号(岡山大学法学会)、2019年8月<ref>{{Cite web |title=滞納処分による差押えがなされた後に設定された賃借権は買受人に対抗することができるか否か |url=http://escholarship.lib.okayama-u.ac.jp/56970 |website=Okayama Law Journal |date=2019-08-30 |accessdate=2019-09-08 |first=S.|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
*「[http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/56971/201909061419146528/olj_69_1_007_026.pdf 信用保証協会と金融機関との間で代位弁済等につき係争した最近の二事例]」法学会雑誌69巻1号(岡山大学法学会)、2019年8月<ref>{{Cite web |title=信用保証協会と金融機関との間で代位弁済等につき係争した最近の二事例 |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/56971 |website=Okayama Law Journal |date=2019-08-30 |accessdate=2019-09-08 |first=S.|lastauthor=Yoshioka吉岡伸一}}</ref>
 
''';その他の研究活動'''
*「担保・執行法制の改正と金融実務への影響」JA金融法務383号(経済法令研究会) 2003)2003年11月
*「新不動産登記法と実務対応:金融機関の対応策」金融法務事情1732号(金融財政事情研究会) 2005年3月
*「保証制度の見直しに関する民法の一部改正法について」銀行法務21第646号(経済法令研究会) 2005年5月
*「必携 金融機関のコンプライアンス 業務編Ⅱ」<共著>(中村裕昭監修)金融財政事情研究会 2006年3月
*「意見書:『損害賠償請求事件について』」 2006年8月
*「ケーススタディ 営業店のクレーム・トラブル対策」<共著>(金融財政事情研究会編) 金融財政事情研究会 2006年11月
*『企業法務判例ケーススタディ300』<共著>(関沢正彦、濱田広道監修)金融財政事情研究会 2007年10月
*『銀行窓口の法務対策3800講[Ⅲ巻]担保・保証・担保権の実行編』<共著>(五味廣文、中務嗣治郎、神田秀樹、川田悦男監修)金融財政事情研究会 2009年7月
*NPO法人消費者ネットおかやま理事
*岡山金融取引研究会監事
 
== 脚注 ==
{{Reflist|3}}
 
== 外部リンク ==
*[https://researchmap.jp/read0112843/ researchmap -𠮷岡 伸一]
*[http://syllabus.osu.ac.jp/perl/web/teacher.pl?&mode=detail&Teacher_id=688&daigaku_kubun=2&gakubu_gakka=020101000000&year=2019&old_flag=&Groups_id= 岡山商科大学教員プロフィール- 𠮷岡 伸一]
*[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/56618/20190408101114461618/olj_68_3-4_969_978.pdf 𠮷岡 伸一教授略歴] (岡山大学法学会雑誌68巻3-4号673頁)<ref>{{Cite web |title=𠮷岡伸一教授略歴 |url=http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/56618 |website=Okayama Law Journal |date=2019-03-19 |accessdate=2019-09-08}}</ref>
*[https://www.okayama-u.ac.jp/user/law/faculty/achievements/yoshioka.html 岡山大学学部案内研究業績- 𠮷岡 伸一]
*[http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/list/ou_authors/吉/6ff4e5647158d89374506e4da22f6611 岡山大学学術成果リポジトリ- 𠮷岡 伸一]
*{{Kaken|50362950}}
*{{日本の研究.com|115249}}
 
== 脚注 ==
{{Reflist|3}}
 
{{Normdaten}}
匿名利用者