「松平信興」の版間の差分

編集の要約なし
| 特記事項 =
}}
'''松平 信興'''(まつだいら のぶおき)は、[[江戸時代]]前期の[[大名]]、[[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]。[[高崎藩]]系大河内松平家初代。[[松平信綱]]の五男<ref name="saitama-rekimin">{{Cite web |date= |url=http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=9574 |title=埼玉県立歴史と民俗の博物館博物館だより19号 |publisher=埼玉県立歴史と民俗の博物館 |accessdate=2019-11-19}}</ref>
 
== 生涯 ==
寛永18年8月に[[徳川家綱]]の側近として中奥[[小姓]]、[[小姓組番頭]]、寛文7年正月には御側などを務めたほか、延宝7年に若年寄、天和2年に[[奏者番]]、貞享4年に大坂城代、元禄3年に京都所司代などの要職も歴任した。長らく『[[雑兵物語]]』の作者編纂擬せられてき関与しという説ある<ref name="saitama-rekimin" />。しかし実際の作者は不詳である。元禄4年(1691年)死去。
 
信興には実子がなく、家督は養子(実兄[[松平輝綱]]の六男)の[[松平輝貞|輝貞]]が継ぎ、最終的には[[上野国]][[高崎藩]]主として幕末を迎える。
17

回編集