「エア・コンディショナー」の版間の差分

m
(→‎メンテナンス: 業者の存在を追加した。)
* 室内熱交換器のカビ発生を抑えるためには、冷房使用後の送風または暖房運転で、熱交換器内に残った水分を乾燥させることで、かなり防ぐことが出来る。(一部機種では自動でそのような運転をするものもあるが、室内に湿気が戻るので寝室などではおすすめできない)
 
専門のクリーニング業者が存在し、清掃を任せることができる。料金の安い業者は清掃部分が限られていることがあるので、注意が必要だ。[<ref>{{Cite web|title=エアコンクリーニングおすすめ業者ランキング10選【2019年最新版】|url=https://taskle.jp/hikaku/articles/11]|website=タスクルヒカク {{!}} 暮らしのおすすめサービス比較サイト|accessdate=2019-11-20}}</ref>
 
== 電気代 ==
23

回編集