「クレヨン」の版間の差分

→‎概要: 修正
m (+和書)
(→‎概要: 修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[エンカウスティーク]]を原型とし、[[レオナルド・ダ・ヴィンチ]]の手記に類似画材の製法が記載されるなど成立には諸説あるが、現代の様式のものは[[19世紀]]に[[フランス]]で発明された<ref name="JCCMA">[http://www.jccma.jp/5.html#8 Q&Aコーナー 8.クレヨンとパスの起源と歴史], 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年9月11日閲覧.</ref><ref name="Kamegawa2002">{{Cite journal|和書|author=亀川學|id={{doi|10.4011/shikizai1937.75.500}}|title=絵具講座 (第VIII講) クレヨン・パス|journal=色材協会誌|date=2002|volume=75|issue=10|page=500-504|publisher=色材協会}}</ref>。アメリカでは[[1903年]]にビニー&スミスが「{{仮リンク|クレヨラ|en|Crayola}}」クレヨンを生産、日本では[[大正]]時代に[[山本鼎#自由画教育運動|自由画教育]]を機に普及した。
 
手を汚さず手軽に彩色描画ができ、[[色鉛筆]]のように尖っておらず[[鉛筆削り]]も必要なく、おおく無害であることから、[[初等教育]]や[[児童画]]によく利用される。クレヨンは基本的に硬質で塗り重ねを苦手とするが、紙肌を反映した素朴な[[マチエール]]を持った、耐水性のある鮮やかな描線が得られる。クレヨンから発展した[[オイルパステル]](「クレパス」など)はより軟らかく技法の応用性に富む<ref>清水靖子
, [http://www.craypas.com/target/senior/colum/0805.php サクラコラム「クレパス・クレヨンはどう違う」], 株式会社サクラクレパス, 2015年9月11日閲覧.</ref>。日本ではオイルパステルの製法(材料に液体[[油]]、[[体質顔料]]が加わる)を一部取り入れて面描適性を改善した軟質クレヨンが1957年に開発され、以来主流として普及している<ref name="Kamegawa2002" />。