「アウトサイドヒッター」の版間の差分

編集の要約なし
 
ほとんどのチームにおいて[[セッター (バレーボール)|セッター]]は前衛においてライト側にまわる関係上、セッター対角のオポジットもライト側に、残る二人のアウトサイドヒッターがレフト側にまわるフォーメーションを組む場合が多い。そのため、レフトにまわるアウトサイドヒッターは右利きの選手が、ライトにまわるオポジットは左利きの選手が務めることが多い。
 
==アウトサイドヒッターが放つスパイクの"テンポ"==
近年、スパイクのタイミング(テンポ)は早められる方向に進化し続けている。従来のオープントスはサードテンポの攻撃に相当し、トスが上げらた後にトスの高さと方向にあわせて助走を開始するスタイルであった。その後、スパイクのタイミングはやや早められ、トスアップよりも早く助走を開始するセカンドテンポへと移行し、レフト・ライトからの平行トスや時間差でのセミクイックがセカンドテンポの攻撃に相当する。すなわち、アウトサイドヒッターはセカンドテンポないしはサードテンポのスパイクを担当するスパイカーであるといえるが、より早いトス出しから繰り出される平行トスや極めて低いセミクイックはファーストテンポに分類されるという解釈がなされる場合もある(ファーストテンポはトスアップと同時にジャンプの踏切り動作を行う攻撃を指す)。しかしながら、冷静に考えると、「現代では基本的にすべてのスパイカーがファーストテンポでの攻撃を行う」といった表現はやや極端であるように思われる。トスアップと同時、理想的にはトスアップより早くジャンプの踏切りを行うクイックをマイナステンポとする場合に限り、早い(短い)テンポでのサイド攻撃やセミクイックをファーストテンポと呼ぶべきである。これらスパイクの「テンポ」に関する分類は感覚的な要素が強く、プレーヤーや指導者によってもその解釈は微妙に異なる。
 
==バックアタック<ref>{{Cite web |url=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81|title=Wikipedia トマシュ・ボイトビッチ|accessdate=2019-11-15}}</ref>==
248

回編集