「西武ドーム」の版間の差分

m
*: コンサート時の臨時ダイヤの時には狭山線区間運用が野球開催日に比べ、早い時間帯より運行間隔が短縮され、池袋線からの直通運転も運転される。なお、西武新宿線からの直通列車は運転されない。
*: さらに、1996年以降、毎年8月下旬の休日には「秩父市民応援デー」と題し、[[西武4000系電車]]を使用した[[秩父市]]の西武ライオンズファンが乗車する「西武ライオンズ秩父応援団 CHICHIBU DREAM EXPRESS」と書かれた特製ヘッドマークつきの臨時列車も[[西武秩父駅]] - 西武球場前駅間で2008年まで12年間往復運転されていたが、2009年は西武線沿線となる秩父市だけではなく埼玉県全体に認知度を上げたい西武が「秩父市民応援デー」自体を廃止、この列車の運転もなくなってしまった。その特製ヘッドマークは現在でも西武鉄道が保管しており、鉄道イベントでは見ることができる場合もある。
*:なお、試合終了後の池袋方面行きの一部列車は、試合が終了する時間帯に合わせたパターン輸送を行っている。これは、沿線に[[阪神甲子園球場]]がある[[阪神電気鉄道]]の輸送方法を模範としており、西武グループの球団取得後に観客輸送のノウハウを阪神から学んでいる。
* [[立川駅]]、[[玉川上水駅]]、[[上北台駅]]より試合開催日のみ臨時バス<ref>[http://www.tachikawabus.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/【HP掲出】ドーム時刻表新20150724.pdf 2015.07.17 7/24(金) 立川駅北口・玉川上水駅・上北台駅~西武プリンスドーム間運行開始について]</ref>を運行([[西武バス]]、[[立川バス]])。
*: なお、往路は最初の3便だけ立川駅北口始発、復路は全便上北台駅、玉川上水駅北口経由での立川駅北口行きとなる。
14,532

回編集