「即位」の版間の差分

壬申の乱など皇位を強奪する場合もあるので「死去または退位した皇帝国王などの位を継承し君主に成る場合が多い」と記述
(初代皇帝には先帝は居ないので(先帝云々と書かずに)「位に即(つ)いて皇帝・天皇・国王など君主に成ること」と記述。)
(壬申の乱など皇位を強奪する場合もあるので「死去または退位した皇帝国王などの位を継承し君主に成る場合が多い」と記述)
[[Image:Emperor Showa.jpg|thumb|250px|即位の礼に臨む[[昭和天皇]]]]
[[File:Enthronement Ceremony.jpg|thumb|250px|即位礼正殿の儀にて高御座に立つ天皇(当時)[[上皇明仁|明仁]]]]
'''即位'''(そくい)とは位に即(つ)いて皇帝・天皇・国王など君主に成ること。死去または[[退位]]した[[皇帝]]・[[国王]]などの位を継承し[[君主]]に成る場合が多い。君主の第一子や弟が[[皇太子]](王太子)や[[皇太弟]](王太弟)に就任し、先代君主が死去した後に継ぐことがある。最大の式典という意味の「大典(たいてん)」の語を以て即位を指す(反対語は君主の死と葬儀を指す「大喪」)。
 
即位に際して儀式を執り行うことも多く、[[戴冠式]](即位式)と呼ばれる。一般的に即位時期に合わせて行われるが、国内の政情不安や先代君主への服喪、財政難などを理由に数年後に実施されることもある。