「琉球の位階」の版間の差分

編集の要約なし
(リンクを追加)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
タグ: 取り消し
[[image:Dress_of_Oji_and_Aji.jpg|thumb|王子按司大礼服並通常服着装図。右が大礼服(五色浮織冠に緑袍)、左が通常服。]]
王族のことを[[按司部]]という。また、国王の子女を、古くは「おもいぐわべ(思い子部)」とも言った。「おもい」は接頭美称、「ぐわ」は子供、「べ」は階層の意味である。
 
琉球方言 首里の流れを汲む中にも士農工商による使い分けがあった
王族は九品十八階のさらに上位に位置し、最高品位の無品(むほん)とされた。王子や按司は国王の親族のため、公平性を期すため最高職である[[琉球の摂政|摂政(シッシー)]]を例外とすれば、系図奉行や寺社奉行など政治には直接関わらない役職に就くことが多かった。王子、按司は一[[間切]](今日の[[市町村]])を采地([[領地]])として賜り、一括して[[按司地頭]]とも呼ばれた。また、[[親方 (沖縄)|親方部]]に属する[[総地頭]]と併せて、広義には総地頭とも称する。
 
1,620

回編集