「ピアノ協奏曲第4番 (プロコフィエフ)」の版間の差分

編集の要約なし
{{Portal|クラシック音楽}}
[[セルゲイ・プロコフィエフ]]の'''ピアノ協奏曲 第4番 [[変ロ長調]]''' 作品53は、隻腕の[[ピアニスト]]、[[パウル・ウィトゲンシュタイン|パウル・ヴィトゲンシュタイン]]の委嘱で作曲された[[ピアノ協奏曲]]。ピアノ独奏は左手のみで演奏される、いわゆる「左手のためのピアノ協奏曲」の一曲である。
 
== 作曲から初演まで ==
[[第一次世界大戦]]で右腕を失ったヴィトゲンシュタインは、戦後に左手みで演奏活動を行ったが、そのためのレパートリーを求めて、当時の有名作曲家の数々にオリジナル作品を委嘱を受けした。プロコフィエフもその一人で、委嘱に応じて[[1931年]]に協奏曲を完成され。しかし楽譜を受け取ったヴィトゲンシュタインは礼状で謝辞を述べならも、「一音たりとも理解できないので弾きません」と言って取上げ、実際に演奏することがなかった。このため本作は、プロコフィエフの(完成された)ピアノ協奏曲で唯一生前に初演されなかった作品となった。ヴィトゲンシュタインの拒絶はプロコフィエフを落胆させたが、この理由は表向きで、技術的に至難なため手を付けなかったという説もある。
 
プロコフィエフはこのを『[[チェロ協奏曲第1番 (プロコフィエフ)|チェロ協奏曲第1番]]』と同様に失敗作のように考えており、両手での演奏用に改作することを公言していたが、チェロ協奏曲の『[[交響的協奏曲 (プロコフィエフ)|交響的協奏曲]]』への改作とは異なり実現せずに終わった。
 
初演はプロコフィエフ死後の1956年9月5日に、ドイツ人奏者[[ジークフリート・ラップ]]のピアノ、[[マルティン・リッヒ]]指揮のベルリン放送交響楽団(現[[ベルリン・ドイツ交響楽団]])によって[[西ベルリン]]で行われた。ラップは[[第二次世界大戦]]でヴィトゲンシュタインと同様に右手を失ったが、やはり同様に左手のみでピアニストとしての活動を続けようとしてレパートリーを探していたところ、たまたま作品目録でこの協奏曲の存在を知り、プロコフィエフの未亡人{{仮リンク|ミーラ・メンデリソン|label=ミーラ|fr|Mira Mendelssohn}}に連絡して楽譜を入手し、初演に至った。
 
現在では、右手が一時的あるいは恒久的に故障したり欠損したピアニストが、復活公演にこの作品を選ぶことがある。とはいえ、同じくヴィトゲンシュタインのために書かれた[[モーリス・ラヴェル]]の『[[左手のためのピアノ協奏曲 (ラヴェル)|左手のためのピアノ協奏曲]]』ほどには演奏される機会は多くない。
匿名利用者