「オスカル1世 (スウェーデン王)」の版間の差分

m
 
 
=== 治世 ===
オスカル1世は、[[立憲君主制]]のスウェーデンにおいて、[[王権]]の限られた君主ではあったものの、独自の才覚を発揮した。父のカール14世は[[シャルル・ド・モンテスキュー]]の権力分立制の支持者で、自身を議会によって選任された統治者としながらも、母語のフランス語を理解できる貴族出身者で周囲が固められたことで保守的なスタンスも目立ったが、彼は政府の主導する改革を積極的に後押しし、改革的な法案が斬新的に成立した。この時代は、[[1848年革命]]に見られるような[[自由主義]]がスウェーデンにも上陸し、王制廃止を主張する暴動が起きたが、[[ウィーン体制]]を脅かすような急激な改革には反対し、武力でもって鎮圧させた。
 
またこの頃、[[北ヨーロッパ]]全土に沸き上がった[[ナショナリズム]]、[[汎スカンディナヴィア主義]]にオスカル1世も傾倒し、これを支持した。オスカル1世はこの主義の牽引者となり、ヨーロッパ[[列強]]([[神聖同盟|五大国]])に対抗していく。[[1848年]]、[[デンマーク]]において[[第一次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争]]が勃発すると、オスカル1世はデンマークを全面的に支持して[[フュン島]]へ軍を派遣し、[[スコーネ]]に予備部隊を待機させ、[[志願兵]]を[[義勇軍]]として[[デンマーク陸軍]]に参加させているが、正規兵は戦闘には加わらなかった(志願兵は[[スウェーデン陸軍|スウェーデン]]、[[ノルウェー陸軍|ノルウェー]]両軍から派遣しているが、瀬戸際での[[中立主義|中立政策]]は維持させることに成功した)<ref>『北欧の外交 - 戦う小国の相克と現実』 p15-p18</ref>。戦争が[[シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国|ホルシュタイン公国]]を支持する[[プロイセン王国|プロイセン]]の介入によって硬直化すると、オスカル1世は独自に列強と交渉して休戦に至らしめた。この外交的成功は、ヨーロッパにオスカル1世の名声を高めたが、一方で列強の警戒心を呼んだ。汎スカンディナヴィア主義の政治的な一面には、デンマークの王位継承問題も含まれ、[[ベルナドッテ王朝|ベルナドッテ家]]のデンマーク王推戴による[[カルマル同盟]]再現の狙いもあったが、[[ロンドン議定書]]においてそれは否定された。