「可児市コミュニティバス」の版間の差分

→‎桜ケ丘線: 内容追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎桜ケ丘線: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
2013年10月におけるダイヤ改正で、運転区間が変更となり、一部区間は廃止になった。
=== 桜ケ丘線 ===
桜ケ丘から皐ケ丘、伊川、ヨシヅヤ可児店を経由し、可児市中心部を結ぶ路線。月~土に運行される。<br />
西部線、東部線と比べると本数が少ないが、同じく運行本数の少ない東鉄バス緑ヶ丘線(可児駅前 - 桂ケ丘 ‐ 多治見駅北口)の補完の役割を果たしている。
 
西部線、東部線と比べると、本数が少ない。
=== 兼山線 ===
可児市中心部から兼山、秋葉台を経由し、可児市中心部へ戻る路線。さつきバスでは唯一市外の御嵩町([[ラスパ御嵩]])にも停留所がある路線。