「坊つちやん」の版間の差分

m
;赤シャツ
:[[教頭]]。坊っちゃんの学校でただ一人の[[東京帝国大学|帝大]]卒の[[学士|文学士]]。表向きは物腰柔らかく穏やかな口調だが陰湿な性格で、坊っちゃんと山嵐から毛嫌いされる。「赤はからだに薬になる」という理由で、通年[[フランネル]]の赤いシャツを着用する(第二章)。[[琥珀]]製の[[パイプ (たばこ)|パイプ]]を絹の[[ハンカチ]]で磨く。[[奏任官]]待遇(第四章)。金側の懐中時計を用いる。マドンナを手なずけて婚約者のうらなりから横取りする(第七章)。独身、弟と一戸建て(家賃9円50銭)に住む(第八章)。坊っちゃんが宿直した際の騒動後に[[飲食店]]の立ち入りを禁止された坊っちゃんに注意を加えたにも関わらず、[[芸者]]と[[旅館]]で密会していたため、帰り道で野だいこと共に山嵐と坊っちゃんに懲らしめられる(第十一章)。
:漱石は自著「私の個人主義」の中で「当時其中学に文学士と云ったら私一人なのだから、赤シャツは私の事にならなければならん」と語っているが、これは赤シャツが漱石自身というよりも、若い教師たちから文学士である自分が煙たがられていないかといった不安の反映であると同時に、東京帝大出を鼻にかけて権力を振りまわすような傾向が教育界にあってはならないことを同窓に警告しているとする説がある<ref>『坊っちゃん』 [[偕成社文庫]] 解説 [[村松定孝]] 1988年</ref>。また、漱石の愛媛県尋常中学校教師赴任時代の教頭だった[[横地石太郎]]がモデルとする説もある<ref name="asahi"></ref>。
;[[幇間|野だいこ]]
:[[美術 (教科)|画学]]教師。東京出身。赤シャツの腰巾着。名字は吉川。江戸っ子で、[[芸人]]ふうに「…でげす」(…です、の意)と言う。
19,352

回編集