「クラウン (紋章学)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
[[イギリス王室]]のメンバーは、彼らの紋章の上にコロネットを持っており、即位式でそれを身につけることがある。図示したもの以外に、[[プリンセス・ロイヤル]](国王の長女)や国王の甥や姪のコロネットもある<ref name="mori jiten p.73"/>。これらは、[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]]がフランスでその贅沢な宮廷スタイルの様式を得て亡命生活から戻り、王政復古した直後の[[1661年]]に彼が作った規則に従っており、君主との王子の関係に応じて変化する([[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]はその年[[ベルサイユ]]で記念碑的な業績を始めた)。時折、さらなる勅許状が特定の個人のために冠のデザインを変えることがある。
<gallery widths="65px65" heights="65px65" perrow="6">
Fileファイル:Crown of Saint Edward (Heraldry).svg|[[国王]]([[聖エドワード王冠]])
Fileファイル:Tudor Crown (Heraldry).svg|国王([[テューダー朝]])
Fileファイル:Royal Crown of Scotland (Heraldry).svg|スコットランド王冠
Fileファイル:Crown of the British Heir Apparent.svg|[[皇太子]](法定推定相続人)
Fileファイル:Coronet of a Child of the Sovereign.svg|[[王子]]・[[王女]](国王の子)
Fileファイル:Coronet of a Child of the Heir Apparent.svg|王子・王女(皇太子の子)
Fileファイル:Coronet of a Grandchild of the Sovereign.svg|王子・王女(国王のその他の孫)
Fileファイル:Coronet of a Child of a Daughter of the Sovereign.svg|王子・王女(国王の娘の子)
Fileファイル:Coronet of a British Duke.svg|[[公爵]]
Fileファイル:Coronet of a British Marquess.svg|[[侯爵]]
Fileファイル:Coronet of a British Earl.svg|[[伯爵]]
Fileファイル:Coronet of a British Viscount.svg|[[子爵]]
Fileファイル:Coronet of a British Baron.svg|[[男爵]]
Fileファイル:Crown of a British King of Arms.svg|[[キング・オブ・アームズ]]
</gallery>
<ref name="Boutell">{{cite book |last=Boutell |first=Charles |title=Handbook to English Heraldry, The |editor=Fox-Davies, A.C. |edition=11th Edition |year=1914 |publisher=Reeves & Turner |location=London |url=http://www.gutenberg.org/etext/23186 |pages=104–156}}</ref>
202

回編集