「阿寺断層」の版間の差分

書誌情報
m (→‎出典: URL修正 using AWB)
(書誌情報)
 
== 解説 ==
岐阜県中津川市神坂より中津川市、[[下呂市]]を経て、下呂市萩原町山之口にいたる、全長約70kmの断層で、全体的には[[横ずれ断層]](左横ずれ)である。岐阜と長野の両県にまたがる断層であるが、[[2005年]](平成17年)[[2月13日]]に[[長野県]][[木曽郡]][[山口村 (長野県)|山口村]]が岐阜県[[中津川市]]に編入されたこともあり、現在はほぼ全域が岐阜県である。
 
構成断層は、
** [http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f052_atera.htm 阿寺断層帯]
** [http://www.jishin.go.jp/main/chousa/04dec_atera/index.htm 阿寺断層帯の長期評価について]
* 道家涼介, 安江健一, 廣内大助 ほか、「[https://doi.org/10.11462/afr.2014.40_43 阜県中津川市加子母地区長洞における 阿寺断層帯中部の活動時期] 活断層研究 Vol.2014 (2014) No.40 p.43-50, {{doi|10.11462/afr.2014.40_43}}, 日本活断層学会・活断層研究会
* [https://www.gsj.jp/data/actfault-eq/h23seika/pdf/yoshioka.pdf 吉岡敏和、廣内大助、杉戸信彦、細矢卓志、眞柄耕治:阿寺断層帯,佐見断層および白川断層の古地震調査] 産業技術総合研究所 活断層・古地震研究報告 第12号 (2012年)
 
 
== 外部リンク ==
* 小田切聡子, 島崎邦彦、「[https://wwwdoi.jstageorg/10.jst.go.jp/article4294/zisin1948/.54/1/54_1_47/_article/-char/ja/.1_47 小田切 聡子、島崎邦彦:歴史地震と起震断層との対応] 地震 第2輯』 2001年 Vol.54 (20011号 p.47-2002)61, No{{doi|10.14294/zisin1948.54.1_47}}, P47-61日本地震学会
 
{{DEFAULTSORT:あてらたんそう}}