「集積点」の版間の差分

やさしい例をひとつ挙げた
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
(やさしい例をひとつ挙げた)
 
[[数学]]における'''集積点'''(しゅうせきてん、{{lang-en-short|''accumulation point''}})あるいは'''極限点'''(きょくげんてん、{{lang-en-short|''limit point''}})は、[[位相空間]] ''X'' の[[部分集合]] ''S'' に対して定義される概念。(''X'' の位相に関する ''x'' の任意の[[近傍 (位相空間論)|近傍]]が ''x'' 自身を除く ''S'' の点を含むという意味で)''S'' によって「近似」できる ''X'' の点 ''x'' を ''S'' の集積点と呼ぶ。このとき、集積点 ''x'' は必ずしも ''S'' の点ではない。たとえば[[実数]] '''R''' の部分集合 ''S'' = { 1/''n'' | ''n'' ∈ '''N''' } を考えたとき点 0 は ''S'' の(唯一の)集積点である。集積点の概念は極限の概念を適切に一般化したもので、[[閉集合]]や[[閉包 (位相空間論)|閉包]]といった概念を下支えする。実際、集合が閉であることとそれが自身の集積点を全て含むことは同値で、集合に対する閉包作用はもとの集合にその集積点を付け加えることによる拡大操作としても捉えられる。
 
任意の有限区間または有界区間はそれが無限個の点を含むならば最少で一つの集積点を含む必要がある。しかし、さらに有界区間が無限個の点とただ一つの集積点を含むならば、区間内の任意の無限列がその唯一の集積点に収束する。