「セモヴェンテ da 105/25」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 派生型 ==
[[Image:M43- m42.JPG|thumb|[[セモヴェンテ da 75/18]](向かって左)と並べられた、セモヴェンテ da 105/25(右側の25試作車輌(同右本車は幅が広く、低姿勢になっている。]]
; セモヴェンテ M43 da 75/34
: アンサルドによる設計車輌。このバージョンの車輌は、セモヴェンテ da 75/34 M42Mの車体に75/34 Mod. S.F.砲を備えた。ドイツ軍は本車をStuG M43 mit 75/34 (851) (i)と呼称した。製造数は1944年に23両から29両のみであり、ドイツ軍だけがこれを使用した。