「ジョセップ・ボレル」の版間の差分

編集の要約なし
|退任日 = [[2007年]][[1月15日]]
}}
'''ジョセップ・ボレル・フォンテジェス'''({{lang-ca|Josep Borrell i Fontelles}}, ジュゼップ・ブレイ・フンテーリャス、[[1947年]][[4月24日]] - )は、[[スペイン]]の政治家。20082019年12月12日により欧州委員会の[[欧州大学院連合外務・安全保障政策上級代表]]の次期総長(外相指名され、2010年1月からその任相当)に就いた任する予定またボレルは2004年7月20日から2007年1月15日まで[[欧州議会議長]]など務め歴任した。選挙スペインでは[[スペイン社会労働党]]から立候補したことにより、欧州議会では[[欧州社会党]]の会派に属し、また同会派のスペイン出身議員団の代表を務めていた。2007このほか、2010年1月から開発委員会より2012年まで[[欧州大学院]]委員務めている
 
議長選挙では投票した700人の議員のうち、1回目の投票で388票という絶対多数を獲得した。このときの投票ではボレルのほかに[[ポーランド]]の[[ブロニスワフ・ゲレメク]]が208票、[[フランス]]の[[フランシス・ヴュルツ]]が51票を獲得していた。この投票では保守系会派である[[欧州人民党]]との合意が成り立っており、ボレルが2004年7月から2年半の議長を務め、その後2007年1月から2009年7月までの2年半は[[ドイツ]]の[[ハンス=ゲルト・ペテリング]]と交替する約束が交わされた。
 
== 経歴 ==
ボレルは父親が経営していた小さなパン屋のあった[[リェイダ県]][[ラ・ポブラ・ダ・セグール]]で生まれ育つ。基礎教育は読書で補われていたが、[[リェイダ]]で中等教育を修了した。ボレルは[[バルセロナ]]で工業会計を学んでいたが、1年後の1965年にバルセロナを離れ、[[マドリード工科大学]]で航空工学を専攻し、1969年に同大学を卒業した。このころボレルは[[マドリード・コンプルテンセ大学]]でも経済学を学んでいた。1969年夏、ボレルは[[イスラエル]]の[[キブツ]]に参加し、そこでのちに妻となるフランス人のカロリーナ・メイヨールと出会う。なおカロリーナとはその後離婚している。1975年、技師としてマドリードにある国営石油会社[[カンプサ]]で働き、他方で同じ年に、当時非合法政党だった[[スペイン社会労働党|社会労働党]]に入党する。1979年、ボレルはマドリード議会の議員となり、1982年に社会労働党の[[フェリーペ・ゴンサーレス]]政権で、経済省において財政政策を担当する役職に抜擢される。1998年、ボレルは党内で2000年の総選挙で首相候補を決める[[予備選挙]]において、党首の[[ホアキン・アルムニア]]に対抗して立候補したが、党内の圧力を受けて1999年に候補を辞退した。またボレルは同性愛に対する尊重を示す一方で、自らが同性愛者であるという噂を否定することに追われた<ref name="Europa Press">{{Cite web|url=http://www.enkidumagazine.com/art/2006/010506/E_044_010506.htm|title=Borrell condena la homofobia y recuerda que se le intento desacreditar calificandole de gay|publisher=Europa Press|date=2006-05-17|lanuage=Spanish|accessdate=2009-03-08}}</ref>。2004年、首相で社会労働党党首の[[ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロ]]はボレルに対して[[2004年欧州議会議員選挙|2004年の欧州議会議員選挙]]で社会主義系の候補の先頭に立って選挙戦に臨むことを打診され、この選挙で僅差で勝利した
 
=== 政界入り ===
1979年、ボレルはマドリード議会の議員となり、1982年に社会労働党の[[フェリーペ・ゴンサーレス]]政権で、経済省において財政政策を担当する役職に抜擢される。1998年、ボレルは党内で2000年の総選挙で首相候補を決める[[予備選挙]]において、党首の[[ホアキン・アルムニア]]に対抗して立候補したが、党内の圧力を受けて1999年に候補を辞退した。またボレルは同性愛に対する尊重を示す一方で、自らが同性愛者であるという噂を否定することに追われた<ref name="Europa Press">{{Cite web|url=http://www.enkidumagazine.com/art/2006/010506/E_044_010506.htm|title=Borrell condena la homofobia y recuerda que se le intento desacreditar calificandole de gay|publisher=Europa Press|date=2006-05-17|lanuage=Spanish|accessdate=2009-03-08}}</ref>。
 
=== 欧州議会にて ===
2004年、首相で社会労働党党首の[[ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロ]]はボレルに対して[[2004年欧州議会議員選挙|2004年の欧州議会議員選挙]]で社会主義系の候補の先頭に立って選挙戦に臨むことを打診され、この選挙で僅差で勝利した。
 
議長選挙では投票した700人の議員のうち、1回目の投票で388票という絶対多数を獲得した。このときの投票ではボレルのほかに[[ポーランド]]の[[ブロニスワフ・ゲレメク]]が208票、[[フランス]]の[[フランシス・ヴュルツ]]が51票を獲得していた。この投票では保守系会派である[[欧州人民党]]との合意が成り立っており、ボレルが2004年7月から2年半の議長を務め、その後2007年1月から2009年7月までの2年半は[[ドイツ]]の[[ハンス=ゲルト・ペテリング]]と交替する約束が交わされた。2004年7月20日から2007年1月15日まで議長を務め、退任と同時に開発委員会の委員長に就任
 
2019年12月1日より欧州委員会の[[欧州連合務・安全保障政策上級代表]](外相に相当)に就任する予定で、これをもってスペインの外相は退任する<ref>{{Cite news|url=https://www.jiji.com/jc/p?id=20191128143625-0033298949|title=国防相が外相兼任へ スペイン|work=時事ドットコム|agency=[[時事通信社]]|date=2019-11-28|accessdate=2019-11-29}}</ref>。
 
== 人物 ==