「ルイス・デ・アルメイダ」の版間の差分

m
神父としての活動を始めてからも、貿易への投資を続け、病院の資金を調達した。また、慢性的な財政難に苦しんでいた日本の教会へも惜しみなく私財を寄進した。
 
日本人医師の協力を受けて病院を運営していたアルメイダは[[1558年]]には医学教育も開始。医師の養成を行った。やがてアルメイダは九州全域をまわって医療活動を行うようになり、1563年には平戸の北部、度島でも治療に当たっていた。同年には横瀬浦から避難し後に『[[フロイス日本史|日本史]]』を書いた[[ルイス・フロイス]]も度島で10か月ほど滞在した。[[宇久純定]]の治療を依頼されるほどその名声は高まっていた<ref>『イエズス会士 日本通信 下 (新異国叢書 2)』(昭和44年([[1969年]])[[2月10日]]発行 訳者:村上直次郎 編輯者:柳谷武夫 発行所:雄松堂出版) 84頁-98頁</ref>。
 
1569年、トルレスに派遣され、天草の豪族・志岐麟泉の招きで苓北町を訪れたアルメイダは天草に初めて南蛮文化を伝えた。天草市の殉教公園には彼の像が建てられている。天草に移住してからは、カステラ風のお菓子を教えるなど食文化にも精通しており、玉名市の銘菓「[[松の雪]]」は、アルメイダが、貿易港[[伊倉町|伊倉]]の菓子職人に製法を伝えたとされる。