「マーターズ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
== ストーリー ==
70年代初頭のフランスで、少女リュシーは何者かによる長期間に及ぶ、監禁・拷問・虐待の末、自力で脱出した。彼女は施設に預けられ、そこで知り合ったアンナの支えにより心の傷を癒してゆくが、リュシーは「彼女」と呼ばれる怪物に傷つけられ続けることに悩んでいた。15年後、平和な4人家族の朝食に、リュシーが突如訪れショットガンで家族を虐殺する。犯行直後、アンナを電話で呼び出した
ーは「この両親が自分を監禁していた犯人であったこと。新聞で長女の水泳大会入賞の記事によりそれを発見したこと」を告げる。その直後、「彼女」が現れてリーを襲うが、アンナには自傷行為をするリーしか見ることができない(「彼女」は過去のトラウマによりリーが作り出した想像上の怪物だったのだ)。そしてリーは「彼女」に襲われて(自身の首をナイフで掻き切り)絶命する。
 
嘆くアンナは、偶然地下室で監禁・拷問されていた女性を発見し介抱するが、突然、武装した兵士が現れて、彼女を銃殺する。マドモアゼルと呼ばれるリーダーの老婆が現れて「自分たちは宗教団体で、リーの他にも多くの女性を監禁・虐待してきたこと。その目的は女性を長期間にわたり暗闇で拷問し続けることによって
、多くは死亡、発狂してしまうが、ごく稀に死後の世界が見える人間がいる」ことを告げる。
 
アンナは連れ去られて、宗教団体で監禁、拷問を受けることとなる。全身の皮を剥がされるなど長期間による拷問の末、アンナにはリーが見えるようになり、殉教者(マーターズ)となった。殉教の果てに何を見たのか? アンナはマドモワゼルに耳打ちする(観客は聞き取ることができない)
 
舞台は変わり、アンナが見た「死後の世界」の真相を聞くために、山奥の一軒家に宗教団体のメンバーが集まる。これまで殉教に達した人間は4人。死後の世界について言い残したのはアンナが初めて出会った。発表直前にマドモワゼルは部下の「死後の世界は実在するのか?」の質問に「死後の世界は実在する」ことそして「疑いなさい」という言葉を残して拳銃自殺をする。
443

回編集