「アクション映画」の版間の差分

導入部修正(よみがな追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
(導入部修正(よみがな追加))
[[File:Crime film clapperboard.svg|140px|右]]
'''アクション映画'''(アクションえいが)は、観客が[[映画]]を見る立場から作品の主な基調を[[戦闘|アクション]]としてとらえた映画を指す。
 
映画の主題は[[主人公]]が、社会枠を貫通して目標に向かって行動する貫通行動にある。[[ぴあ]]より出版されている『アクション・ムービー究極大鑑』はアクション映画の定義が難しいとしているが、観客により決める立場に沿っている。フランスの哲学者[[ジル・ドゥルーズ]]は『シネマ1 運動イメージ』で映画の中のアクションの役割と効果について明確な定義をしているし、映画評論家の[[田山力哉]]は『映画小辞典』で各ジャンルにアクションは存在するとした見解を示している。