「聖心侍女修道会」の版間の差分

m
修正
({{Infobox 組織}}、追記、除去、修正、他)
m (修正)
 
== 歴史 ==
創立者{{仮リンク|ラファエラ・マリア|es|Rafaela Porras y Ayllón}}は、[[1850年]][[3月1日]]に南スペインの[[コルドバ (スペイン)|コルドバ]]近郊のペドロ・アバドで生まれ、幼少時に父を亡くしている<ref name=rm-kod /><ref>ちなみにフランス南西部で起きた[[ルルド]]で起きた「聖母の出現」の目撃者として知られる[[ベルナデット・スビルー]]は[[1844年]]生まれでラファエラと同時代の女性。その「聖母の出現」は[[1858年]]。</ref>。19歳で母も亡くしたラファエラは、その後1875年に姉と共にコルドバにある[[償いのマリア修道女会]]に入会した<ref name=rm-kod />。この償いのマリア修道女会は[[1857年]]にフランスの[[ストラスブール]]で創立され、[[1869年]]に[[教皇庁]]によって認可された女子修道会である<ref>{{cite book |和書 |chapter=償いのマリア修道女会 |author=和田誠 |title=新カトリック大事典 |publisher=研究社Online Dictionary}}</ref>。その後[[1877年]]に、姉ドロレスと共に[[マドリード]]で'''イエスの聖心の償い会'''を創立した<ref name=rm-kod />。会の創立は[[トレド]]の[[大司教]]の許可を得ている<ref name=rm-kod />。この会が後の聖心侍女修道会になった<ref name=rm-kod />。会の創立から[[1893年]]までラファエラが会長を務め、その後姉のドロレスが会長を務めた<ref name=rm-kod />。創立者ラファエラは1925年に死去し、1952年にカトリック教会によって[[福者]]と認められ、1977年に[[聖人]]と認められた<ref name=rm-kod />。
 
== 活動 ==