「イラクサ」の版間の差分

(→‎名前: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
また、若芽が[[山菜]]として利用される[[ミヤマイラクサ]]も、時として「イラクサ」と称されることがあるが、ミヤマイラクサは[[ムカゴイラクサ属]] (''[[w:Laportea|Laportea]]'') であり、イラクサとは別属である。
 
日本でもイラクサの[[方言]]は多く、アイコ(アエコ)、イラナ(イラ)、アエダケ(アイダケ・エダケ)、ネトルなど、地域によって呼び名が変わる。イタイタグサともイラグサとも呼ばれる。
 
== 特徴 ==
匿名利用者