「市川八百蔵 (4代目)」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''四代目 '''市川 八百蔵'''(よだいめ いちかわ やおぞう、[[安永]]元年〈[[1772年]]〉 - [[弘化]]1年[[7月3日 (旧暦)|7月3日]]〈[[1844年]][[8月16日]]〉)とは、[[江戸時代]]後期の[[歌舞伎役者]]。[[俳名]]は扇蝶・[[市川中車|中車]]、[[屋号]]は江戸屋・立花屋。
 
[[舞踊]][[藤間流]]の[[家元]]初代[[藤間勘十郎]]の弟。天明4年([[1782年]])に[[岩井半四郎 (4代目)|4代目岩井半四郎]]の門下に入り岩井かるもを名乗る。天明7年([[1787年]])11月、[[岩井喜世太郎]]と改名し[[若女形]]として舞台を勤める。[[文化 (元号)|文化]]元年([[1804年]])11月、三代目八百蔵が[[助高屋高助 (2代目)|二代目助高屋高助]]を襲名した時に四代目[[市川八百蔵]]を襲名し、[[立役]]に転じた。その後上方で舞台を勤め、文化10年江戸に戻る。文政元年([[1819年]])二代目助高屋高助が没したのを機に市川伊達十郎と名乗り旅回りに出るが、文政10年([[1827年]])[[江戸]]に戻るとふたたび八百蔵を名乗っている。天保5年([[1834年]])以降舞台を引退。容姿にすぐれ華のある役者で[[実事]]、[[和事]]、[[所作事]]を得意とした。