「独占資本主義」の版間の差分

編集の要約なし
'''独占資本主義'''(どくせんしほんしゅぎ、monopolistic capitalism, [[ドイツ語|独]] Monopolkapitalismus)とは、[[マルクス経済学]]で[[資本主義]]の一段階をさす言葉。[[カール・マルクス]]は[[自由競争]]は必然的に[[独占]]を生み出すとしていたが、資本主義の現段階をこう規定するにはいたらず、[[ウラジーミル・レーニン|レーニン]]の『[[帝国主義論]]』(1917年)のなかで定式化された。
 
独占資本主義は、[[産業資本]]と[[金融銀行資本]]の独占が進行し、両者の融合癒着した[[独占金融資本]]が支配的な経済的主体となった資本主義の特殊な発展段階である。これが進むと[[国家]]と独占資本が結びついて資本主義の維持を図る[[国家独占資本主義]]と呼ばれる段階になる。「生産の社会的性格」と「取得の私的性格」の対立による資本主義の矛盾はより一層激しさを増すとされた。
 
歴史的には自由競争段階にあった[[19世紀]]の資本主義の中で、生産の集積・集中にもとづく資本の集積・集中がおこり、独占資本が登場して、[[経済]]に対して支配的な力をふるうようになった[[20世紀]]初頭の資本主義を指す。
匿名利用者