「特性インピーダンス」の版間の差分

| 語源 =
}}
[[電磁波]]の特性インピーダンス({{lang-en-short|[[:en:Wave impedance|Wave impedance]]}})は、真空を含む誘電体(通常は大気等)における電磁波の伝播に関する概念である。電気回路における電圧と電流の比という電気インピーダンスの定義を電磁波に準用すれば、特性インピーダンスは[[電場]] {{mvar|E}} と[[磁場]] {{mvar|H}} の比となり、誘電体の[[誘電率]]と[[透磁率]]を {{mvar|ε}}、{{mvar|μ}} とすれば、特性インピーダンス {{math|''Z''{{sub|0}}}} は次式で示される(この結果は[[マクスウェルの方程式]]から導出される)。前提条件により負号が付くことがある。
{{Indent|<math>Z_0=\frac{E}{H}=\sqrt{\frac{\mu}{\varepsilon}}</math>}}
物理的次元および単位はインピーダンスに一致し、単位は[[オーム]] (Ω) である。
263

回編集