「吉良義安」の版間の差分

m
義安は、以降10年余りを駿府で人質として暮らすことになったが、このときに同じく今川氏の人質となっていた松平竹千代(のちの[[徳川家康]])と親しくなり、[[弘治 (日本)|弘治]]元年([[1555年]])に家康が元服した際には理髪役も務めた<ref>義安の最終的な追放と義昭への当主交代を弘治年間とする小林輝久彦は吉良氏の当主が代々努めてきた安祥松平氏当主の元服の烏帽子親を今川義元に奪われたことで三河国主としての面子を失い、今川氏に反乱を起こしたとする(小林、2019年、P273-276.)。</ref>。[[永禄]]3年([[1560年]])6月の[[桶狭間の戦い]]で今川義元が戦死したため、この際に家康とともに人質から解放されて三河に戻った。
 
ただし、この間の経緯について『寛政重修諸家譜』は、永禄4年(1561年)、[[今川氏真]]が義安の謀反を疑って駿河に抑留し、かわりに義昭を東条に移して両吉良氏を併せたとしている。更にこれとは別に近年の研究として、『松平記』に記された弘治年間の吉良氏の挙兵について、駿府に送られた吉良義安が赦されて三河へ帰国した後の弘治元年(1555年)に再度今川氏に対して兵を挙げたもので、最終的に弘治3年(1557年)に三河を追放されたものとする。また、弘治3年に西条吉良領で今川氏が大規模な検地が行われているのは、義昭を東条に移して両吉良氏を併せた形を取っているものの、実際には西尾城と西条領は今川氏によって直轄地にされたものとする<ref>小林、2019年、P266-276.</ref>。
 
一方、弟の吉良義昭は今川氏の後援を失って孤立し、徳川家康への屈従を余儀なくされていた。永禄5年([[1562年]])、義昭は再起を図って三河の一向宗門徒と結び、徳川氏と戦ったが([[三河一向一揆]])、敗れて三河から逃亡する。このあと、家康から義安が東条西条の吉良氏を統一して領有することが認められた。