「ゴスペル (音楽)」の版間の差分

→‎概要: シスター・ロゼッタ・サープ
(脚注)
(→‎概要: シスター・ロゼッタ・サープ)
なおゴスペル・ミュージックには、[[1930年代]]から[[黒人教会]]で演奏され始めたブラック・ゴスペル(一般的にはこちらを指す)と、南部州の[[白人]][[クリスチャン]]アーティストが歌っていた'''ホワイト・ゴスペル'''がある。黒人と白人の教会それぞれが完全に分離していた(→[[人種差別]]、[[ジム・クロウ法]])ためと、黒人・白人のリズム間が異なるなどの理由で音楽性はかなり異なったものになっている。21世紀では、アフロアメリカンによるゴスペルを「'''ゴスペル'''」、ホワイト・ゴスペルを「'''コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック (CCM)'''」と呼ぶのが通例である。
 
教会、礼拝 ([[:en:Christian worship|Christian worship]]) に関連した場所・イベントのみで演奏した[[マヘリア・ジャクソン]]<ref>アポロからコロンビアへ移籍して魅力がなくなったとの説も。貪欲な事業家としても知られ、黒人の間からも批判が出た</ref>。ナイトクラブなど世俗での演奏をした[[ゴールデン・ゲート・カルテット]]、[[クララ・ワード]]など活動形態は様々だった。シスター・ロゼッタ・サープはギターをひきながら、布教活動をおこなった。ゴスペル・カルテットは、Fisk Jubilee Singersの初期の成功に続いて、アカペラスタイルを発展させた。1930年代には、フェアフィールド・フォー、ディキシー・ハミングバーズ、ミシシッピのファイブブラインドボーイズ、アラバマのファイブ・ブラインド・ボーイズ、ソウルスターラーズ、スワン・シルバートーンズ、そしてゴールデンゲート・カルテットが登場した。[[センセーショナル・ナイチンゲイルズ]]で活躍した[[ジュリアス・チークス]]は、その激情型の歌唱スタイルにより「'''最初のソウル・シンガー'''」と呼ばれた<ref>{{cite web |url=http://opalnations.com/files/Julius_Cheeks.pdf|title=The Rev. Julius Cheeks Retrospective|author=Opal Louis Nations|website=Opalnations.com|accessdate=12 December 2019}}</ref>。ウィルソン・ピケット、ジェームス・ブラウン、デヴィッド・ラフィン<ref>テンプテーションズのリードシンガーだった</ref>、ジェームズ・カー、オーティス・クレイ<ref>ハイ・レコードに所属したソウル歌手</ref>らは、ジュリアス・チークスに影響を受けたソウル歌手の例である。
 
== 詳細 ==
579

回編集