「オスマン帝国」の版間の差分

タンカー (会話) による ID:75320920 の版を取り消し オスマンの衝撃には重要な意味があります
m (→‎概要: 文法を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
(タンカー (会話) による ID:75320920 の版を取り消し オスマンの衝撃には重要な意味があります)
タグ: 取り消し
 
== 概要 ==
[[アナトリア半島|アナトリア]](小アジア)の片隅に生まれた小[[ベイリク|君侯国]]から発展した[[イスラム王朝]]であるオスマン朝は、やがて[[東ローマ帝国]]などの[[東ヨーロッパ]][[キリスト教]]諸国、[[マムルーク朝]]などの[[西アジア]]・[[北アフリカ]]の[[イスラム教]]諸国を征服して[[地中海]]世界の過半を覆い尽くす[[超大世界帝国たるオスマン帝]]へと発展した。
 
その出現は西欧キリスト教世界にとって非常に大きな「オスマンの衝撃であり、15世紀から16世紀にかけてその影響は大きかった。[[宗教改革]]にも間接的ながら影響を及ぼし、[[神聖ローマ帝国]]の[[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]が持っていた西欧の統一と[[カトリック]]的世界帝国構築の夢を挫折させる主因となった。そして、オスマン帝国「トルコの脅威」に脅かされた[[神聖ローマ帝国]]は「トルコ税」を新設、中世封建体制から[[絶対王政]]へ移行することになり、その促進剤としての役割を務めた<ref name="suzuki00130">[[#鈴木(オスマン帝国の解体)|鈴木(2000)、p.130]].</ref>。[[ピョートル1世]]がオスマン帝国を圧迫するようになると、神聖ローマが[[ロマノフ朝]]を支援して前線を南下させた。
 
19世紀中ごろに英仏が地中海規模で版図分割を実現した。[[オスマン債務管理局]]が設置された世紀末から、[[ドイツ帝国]]が最後まで残っていた領土アナトリアを開発した。このような経緯から、オスマン帝国は[[中央同盟国]]として[[第一次世界大戦]]に参戦し敗れた。敗戦後の講和条約の[[セーブル条約]]は列強によるオスマン帝国の解体といえる内容だったために同条約に反対する勢力が、[[アンカラ]]に共和国政府を樹立し、[[1922年]]にはオスマン家のスルタン制度の廃止を宣言、メフメト6世は亡命した。[[1923年]]には「アンカラ政府」が[[トルコ共和国]]の建国を宣言し、[[1924年]]にはオスマン家のカリフ制度の廃止も宣言。結果、アナトリアの[[国民国家]][[トルコ|トルコ共和国]]に取って代わられた([[トルコ革命]])。
 
== 国名 ==
9,039

回編集