「ATP合成酵素」の版間の差分

導入部修正(よみがな)
(導入部修正(よみがな))
'''ATP合成酵素'''(—(ATPごうせいこうそ)とは、[[呼吸鎖複合体]]によって形成された[[水素イオン|プロトン]]濃度勾配と[[膜電位]]からなる[[プロトン駆動力]]を用いて、[[アデノシン二リン酸|ADP]]と[[リン酸]]から[[アデノシン三リン酸]] (ATP) の合成を行う[[酵素]]である。別名'''ATPシンターゼ'''、'''呼吸鎖複合体V'''、複合体Vなど。
なお、[[シンテターゼ]]はATPなどの高エネルギー化合物の分解と共役する反応を触媒する酵素を指すが、ATP合成に他のエネルギー化合物を用いることはないので、「ATPシンテターゼ」という呼称は正しくない。