「山田真介」の版間の差分

 
== 来歴・人物 ==
[[上宮中学校・高等学校|上宮高校]]ではエースで5番打者として、[[1996年]]夏は大阪府大会決勝で[[前川勝彦]]擁する[[PL学園中学校・高等学校|PL学園高]]に敗れ甲子園出場を逃す。同年[[明治神宮野球大会]]では優勝を果たす。[[1997年]][[第69回選抜高等学校野球大会|春の選抜]]に出場。準決勝に進むが[[天理高等学校|天理高]]の小南浩史([[同志社大学体育会硬式野球部|同大]]-[[東邦ガス硬式野球部|東邦ガス]])に抑えられ惜敗。夏は大阪府大会4回戦で[[関西大学第一中学校・高等学校|関一高]]に延長13回で敗れた。同期に[[三塁手]]の[[三木仁]]、[[遊撃手]]の[[渡辺正人]]がいた。
 
同年の[[プロ野球ドラフト会議]]で読売ジャイアンツから3位指名を受け[[内野手]]として入団。プロ4年目の{{by|2001年}}から[[外野手]]に[[コンバート (野球)|コンバート]]され、{{by|2002年}}・{{by|2003年}}には貴重な右の控えとして活躍した。外野3ポジションを高いレベルで守り、広い守備範囲は巨人で1・2を争うものだったが、打力不足がネックとなり一軍には定着できなかった。
5

回編集