「アルブレヒト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎外部リンク: +{{Normdaten}})
{{基礎情報 皇族・貴族
[[image:Albrecht von Brandenburg-Ansbach (aka).jpg|right|180px|thumb|1643年の肖像]]
| 人名 = アルブレヒト
| 各国語表記 = Albrecht
| 家名・爵位 = [[アンスバッハ侯領|ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯]]
[[image:| 画像 = Albrecht von Brandenburg-Ansbach (aka).jpg|right|180px|thumb|1643年の肖像]]
| 画像サイズ = 180px
| 画像説明 = 1643年の肖像
| 在位 = [[1634年]] - [[1667年]]
| 続柄 =
| 称号 =
| 全名 =
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = {{生年月日と年齢|1620|9|18|no}}
| 生地 = [[アンスバッハ]]
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1620|9|18|1667|10|22}}
| 没地 = アンスバッハ
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 = ヘンリエッテ・ルイーゼ・フォン・ヴュルテンベルク
| 配偶者2 = ゾフィー・マルガレーテ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン
| 配偶者3 = クリスティーネ・フォン・バーデン=ドゥルラハ
| 子女 = [[#子女|一覧参照]]
| 家名 = [[ホーエンツォレルン家]]
| 父親 = ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯[[ヨアヒム・エルンスト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|ヨアヒム・エルンスト]]
| 母親 = [[ゾフィー・ツー・ゾルムス=ラウバッハ]]
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
[[image:Albrecht von Brandenburg-Ansbach Miniatur.jpg|right|180px|thumb|1634年の肖像]]
[[image:Bt 008albrecht.jpg|right|180px|thumb|アンスバッハ辺境伯アルブレヒト]]
'''アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ'''(Albrecht von Brandenburg-Ansbach、[[1620年]][[9月18日]]、[[アンスバッハ]] - [[1667年]][[10月22日]]、アンスバッハ)は[[フランケン地方]][[アンスバッハ侯領]]の[[辺境伯]]。ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯[[ヨアヒム・エルンスト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|ヨアヒム・エルンスト]]とその妻[[ゾフィー・ツー・ゾルムス=ラウバッハ]]の次男。[[フリードリヒ3世 (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|フリードリヒ]]の弟。
 
父の死後、兄のフリードリヒが初めは母親の後見下でアンスバッハ侯領の統治を行った。だが、[[1634年]]にその兄が[[ネルトリンゲンの戦い (1634年)|ネルトリンゲンの戦い]]で独身のまま命を落としたため、アルブレヒトが遺領を継ぐこととなった。アルブレヒトの場合も未成年のため、最初の数年間は母が後見と実務を行った。[[1639年]]に成人した後は単独でブランデンブルク=アンスバッハ侯領の統治を行った。
* アルベルティーネ・ルイーゼ(1646年 - 1670年)
* ゾフィー・アマリー(1649年 - 1649年)
 
[[1651年]]、ゾフィー・マルガレーテ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン(1634年 - 1664年)と再婚、5人の子を儲けた。
* ルイーゼ・ゾフィー(1652年 - 1668年)
* [[ドロテア・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ|ドロテア・シャルロッテ]](1661年 - 1705年) - [[ヘッセン=ダルムシュタット方伯領|ヘッセン=ダルムシュタット方伯]][[エルンスト・ルートヴィヒ (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)|エルンスト・ルートヴィヒ]]と結婚
* [[エレオノーレ・ユリアーネ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ|エレオノーレ・ユリアーネ]](1663年 - 1724年) - ヴュルテンベルク=ヴィンネンタール公[[フリードリヒ・カール (ヴュルテンベルク=ヴィンネンタール公)|フリードリヒ・カール]]と結婚
 
[[1664年]]、[[バーデン (領邦)|バーデン=ドゥルラハ辺境伯]][[フリードリヒ6世 (バーデン=ドゥルラハ辺境伯)|フリードリヒ6世]]の娘クリスティーネ・フォン・バーデン=ドゥルラハ(1645年 - 1705年)と3度目の結婚をした。子供はいない。