「日産・リーフ」の版間の差分

:特別仕様車「X 10万台記念車」を発売<ref>{{Cite press release|title=「日産リーフ」国内累計販売10万台を記念した特別仕様車を発売|publisher=日産自動車株式会社|date=2018-06-01|url=https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-75b19d3a1fdacef5055230314505767f-180601-01-j?year=2018&month=6}}</ref>。
:「X 10万台記念車」は、「日産リーフ」の国内累計販売が10万台を超えたことを記念した特別仕様車。
:「X」をベースに、ベース車ではオプション設定<ref>ベース車ではプロパイロットを含めたセットオプションとLEDヘッドランプの同時装着が不可で、どちらか1つのみの装着となる。ただし、2019年12月のマイナーチェンジでLEDヘッドランプは「S」を含め全グレード標準装備されている。</ref>されているプロパイロット、ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)、フロント&バック[[ソナー]]、踏み間違い衝突防止アシスト、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)、インテリジェントLI([[車線逸脱防止支援システム]])、電動[[パーキングブレーキ]]、17インチアルミホイール&タイヤ、LEDヘッドランプ(オートレベライザー付、シグネチャーランプ付)を特別装備としている。
;2018年7月19日
:「NISMO」が発表された(7月31日発売)<ref>{{Cite press release|title=「日産リーフNISMO」を発売|publisher=日産自動車株式会社|date=2018-07-19|url=https://newsroom.nissan-global.com/releases/180719-01-j?lang=ja-JP|accessdate=2018-07-19}}</ref>。
;2019年7月25日
:特別仕様車「X Vセレクション」が発売された<ref>{{Cite press release|title=「日産リーフ」に「X Vセレクション」を新設定|publisher=日産自動車株式会社|date=2019-07-25|url=https://newsroom.nissan-global.com/releases/190725-02-j?lang=ja-JP|accessdate=2019-07-25}}</ref>。
:40kWhモデルの「X」をベースに、プロパイロット、インテリジェント アラウンドビューモニター、インテリジェント ルームミラー、BSW、RCTA、インテリジェント LI、インテリジェント DA(ふらつき警報)、17インチタイヤ(215/50R17)&アルミホイール、電動パーキングブレーキ、ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)が特別装備された。なお、ベース車に設定されている「プロパイロット パーキング」のオプション選択が不可となる。
;2019年12月16日
:マイナーチェンジが発表された(2020年2月発売)<ref>{{Cite press release|title=「日産リーフ」をマイナーチェンジ|publihser=日産自動車株式会社|date=2019-12-16|url=https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-d47e2bd8192d14c383483ebde7065a5d-191216-01-j|accessdate=2019-12-16}}</ref>。
:「プロパイロット」は下り坂での設定速度維持やブレーキ操作が可能になり、[[ワイパー]]作動時の範囲拡大などの機能向上を、「プロパイロット パーキング」は車庫入れや前向き駐車の時間短縮を図るため、駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間短縮、据え切り(停車状態のままでの操舵)を減らすなど制御が最適化された。
:さらに、従来のBSWは車線変更時の斜め後方の車両との接触回避をアシストする「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」が新たへ機能強化され、「G」と「e+ G」採用(グレ標準装備、「X」と「e+ X」はプロパイロットなどの他の装備とセットでメド別カーオプション設定された。
:そのほか、「S」を除く全グレードに9インチの大画面に表面処理が施されたEV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)が標準装備され、全グレードのアンテナがシャークフィンアンテナに変更。ボディカラーの設定が変更され、モノトーンは特別塗装色において赤系の「ラディアントレッドパールメタリック」を「ガーネットレッドカラークリアパール」に入れ替えるとともに、「スプリングライトグリーンチタンメタリック」と「タンジェリンオレンジパールメタリック」が廃止され6色に整理、2トーンカラー(特別塗装色)は「ラディアントレッドパールメタリック/スーパーブラック 2トーン」を「ガーネットレッドカラークリアパール/スーパーブラック 2トーン」に入れ替え、「チャイナブルーメタリック/スーパーブラック 2トーン」を廃止。「プレミアムコロナオレンジパールメタリック/スーパーブラック 2トーン」、日本国内の日産車で初設定となる「ビビットブルーメタリック/スーパーブラック 2トーン(特別塗装色)、新規色の「ステルスグレーパール/スーパーブラック 2トーン(特別塗装色)の3種が追加され、8に拡大した。
:なお、特別仕様車「X Vセレクション」はBSWをインテリジェント BSIに機能強化するなどベースグレードに準じた改良を受け、継続販売される。
:併せて、オーテックジャパン扱いのカスタムカー「AUTECH」もマイナーチェンジされ、ベース車に準じた改良が行われるとともに、ボディカラーには、「AUTECH」専用色として「オーロラフレアブルーパールパール/スーバーブラック 2トーン(特別塗装色)」が新たに設定された。