「創造社」の版間の差分

編集の要約なし
(脚注の細かな修正)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{混同|創造社 (革マル派)|x1=[[革マル派]]全学連の事務所}}
 
'''創造社'''(そうぞうしゃ)は、[[1921年]]6月から7月の間に、[[日本]]で成立した[[中国]][[現代文学]]の社団である。大正期に日本に留学していた[[郭沫若]]、[[成仿吾]]、[[郁達夫]]、[[張資平]]、[[田漢]]、[[鄭伯奇]]などの中国人留学生らによって共同創建された。[[:zh:太陽社|太陽社]]とともに、当時、中国の二大革命文学団体の一つであった。
 
第一期創造社の主力は詩の[[郭沫若]]、小説の[[郁達夫]]、[[張資平]]、演劇の[[田漢]]、評論の[[成仿吾]]である。彼らの共通点は日本留学時に西洋や日本の近代文学に触れ、「実学」から「文学」へと突き抜けたことである。彼らの日本留学の目的は医学や工学などの「実学」を学ぶことであったが、「実学」を超える意味を「文学」の中に見出した。だからこそ創造社は急激な左翼化を遂げることになる<ref>{{Cite book |和書 |author=小谷一郎 |year=2013 |title= 創造社研究――創造社と日本 |publisher= 汲古書院 |isbn=9784762965135 }}</ref>
 
創造社は成立後、『創造社叢書』を編集出版し郭沫若の詩歌『女神』などを掲載した。翌年、『創造季刊』の発行を開始し、[[1923年]]には、『創造週報』、さらに、『中華新報』の文学副刊である『創造日』を編集出版している。
後期には、日本から帰国した[[馮乃超]]、[[王独清]]、[[穆木天]]、[[彭康]]などの新会員が加入した。
 
[[1925年]]の[[五・三〇事件]]ごろから革命文学([[プロレタリア文学]])を唱えだした。
 
[[1926年]]、創造社は出版部を[[上海市]]閘北宝山路三徳里A11号に設けた。編集部が出版した『A11』は、この住所によったものである。[[1928年]]には、老靶子路(現在の武進路)518号に移転した。創造社出版部は、『創造月刊』、『A11』週刊、『創造社叢書』など10余種の刊行物や叢書を出版した。
47

回編集