「ブラニフ航空」の版間の差分

編集の要約なし
[[1966年]][[8月6日]]に、ブラニフ航空の[[ブラニフ航空250便|250便]]が、[[ネブラスカ州]]で墜落した。[[ミズーリ州]][[カンザスシティ (ミズーリ州)|カンザスシティ]]からネブラスカ州[[オマハ (ネブラスカ州)|オマハ]]へ運航している途中であった。事故原因は機体の異常であった。この事故で38人の乗客と、4人の乗員が犠牲になった。機種は[[BAC 1-11|BAC 1-11-203AE]]で、機体登録番号はN1553であった。
 
1959年10月19日、顧客受入飛行中のボーイング707型機で、新しいパイロットに飛行技術を習熟させるためにヨーダンパーをオフにしたところ、訓練パイロットの操縦がダッチロール運動を激しく悪化させ、4基のエンジンのうち3基が切脱落した。ボーイングフィールド(キング郡国際空港)を出発し、ブラニフ航空に届けられる途中の真新しい707-227 (N7071)は、ワシントン州アーリントンのシアトル北部の河床に墜落し、8人の搭乗者のうち4人が死亡した。<ref>{{Cite web|title=Boeing 707 jetliner crashes near Oso in Snohomish County, killing four crew members and injuring four passengers, on October 19, 1959.|url=https://historylink.org/File/20411|website=historylink.org|accessdate=2019-12-17}}</ref><ref>{{Cite web|title=ASN Aircraft accident Boeing 707-227 N7071 Arlington, WA|url=https://aviation-safety.net/database/record.php?id=19591019-0|website=aviation-safety.net|accessdate=2019-12-17|first=Harro|last=Ranter}}</ref>
==関連項目==
* [[コードシェア便]]