「式三番」の版間の差分

編集の要約なし
'''式三番'''(しきさんばん)とは、[[能]]・[[狂言]]とならんで[[能楽]]を構成する特殊な[[芸能]]の一つ。
 
能楽の演目から転じて、[[歌舞伎舞踊]]や[[日本舞踊]]にも取入れられているほか、各地の[[郷土芸能]]・神事としても保存されており、極めて大きな広がりを持つ芸能である。なお、現代の[[能楽師]]たちはこ芸能を、その[[文化]]を共有する人たちにだけ通じる[[言葉]]、いわゆる[[符牒]]演目として「[[翁 (能)|翁]]」「[[神歌]]」([[素謡]]とするとき)と呼んが一般的おり、「式三番」と呼ぶことはほとんど無いある
 
==概要==
匿名利用者