「分子マシン」の版間の差分

m
少しだけ加筆、+cat超分子
(+cat)
m (少しだけ加筆、+cat超分子)
'''分子マシン'''((ぶんし—、Molecular Machine)Machine)は、制御されたミクロスケール、あるいはナノスケールで制御された機械的動きを起こすような[[分子]]、あるいは分子複合体である。
 
== 分子マシンの分類と例 ==
大きく分けて、生体分子マシンと人工(合成)分子マシンがある。
 
=== 生体分子マシン ===
'''生体分子マシン'''は生体内に存在するタンパク質で、[[分子モーター]]とも呼ばれる。方向性のある動きによってなんらかの機能を発現する。
*[[ATP合成酵素]]
**[[微小管]]の上を直線運動し、細胞内での物質輸送を担う
 
=== 人工分子マシン ===
'''人工分子マシン'''は[[有機化学]]的に合成された分子マシンであり、光、熱、[[pH]]変化などの外部刺激に応じて分子の構造が変化する。[[ロタキサン]]や[[カテナン]]といった[[超分子]]的モチーフを用いたものや、[[二重結合]]周りの[[cis-trans異性化]]を用いたものなどが作られている。'''分子機械''' とも呼ばれ、[[ナノテクノロジー]]の中で化学的な領域の一角を占める。
*分子シャトル
**[[ロタキサン]]を用い、pH変化、光照射などによって環状部位がひも状部位の上を前後に動く。
*分子ローター
 
近年、上記のATP合成酵素に人工的な改変を加え、その機能を人工的に制御、利用しようとする試みも報告されている<ref>Itoh, H.; Takahashi, A.; Adachi, K.; Noji, H.; Yasuda, R.; Yoshida, M.; Kinoshita, K., Jr. ''Nature'' '''2004''', ''427'', 465.(ATP合成酵素上に磁石を導入し、その機能を磁力で制御した)</ref>。
 
== 概観 ==
生体分子マシンは、複雑に形作られたタンパク質ユニット間の相互作用による、高度に洗練された動きや生体内での機能を持つものである。それに対し、人工分子マシンは有機合成的に作られているために比較的シンプルな構造を持っていて、実用的な機能を持つものはほとんどなく、発展途上の研究分野である。
 
== 外部リンク ==
*ロタキサンを使った分子マシンの例
**[http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/rotaxane/machine.html ロタキサン(2)〜分子マシンへの挑戦〜]
 
== 参考文献 ==
[[category:分子|ふんしましん]]
<references />
[[category:分子生物学|ふんしましん]]
 
[[category:機械|ふんしましん]]
[[categoryCategory:分子|ふんしましん]]
{{sci-stub}}
[[Category:超分子|ふんしましん]]
[[categoryCategory:分子生物学|ふんしましん]]
[[categoryCategory:機械|ふんしましん]]
{{Chem-stub|ふんしましん}}
24,969

回編集