「吉良義安」の版間の差分

 
== 生涯 ==
[[天文 (元号)|天文]]5年([[1536年]])、西条城主[[吉良義堯]]の次男として生まれる。母親は正室である今川氏親の娘([[今川義元]]の姉)ではなく、幕府奉公衆の後藤氏の一族である後藤平太夫の娘とする説がある<ref>小林、2019年、P271.</ref>。はじめ西条吉良氏の家督は兄の[[吉良義郷]]が継ぎ、次男の義安は東条城主(東条吉良氏)[[吉良持広]]の養子に入った。しかし兄義郷がまもなく死去したため、西条吉良氏に戻って兄の跡を継いだ。ところが、東条の吉良持広も死去したため、西条吉良氏は弟の[[吉良義昭]]に継がせ、自らは東条吉良氏の家督を相続した。ただし、小林輝久彦はこの時に義安はこの相続に同意せず、両吉良氏の当主として西尾城に入城したところ、これに反対した西条吉良の家臣と対立したために対抗するために斯波氏や織田氏と結ぼうとしたとしている<ref>小林、2019年、P271.</ref>
 
天文18年([[1549年]])、駿河の戦国大名である今川義元が尾張の[[織田信広]]を攻めた際、義安は織田家に協力したため今川軍に捕らえられ、人質として駿府へ送られた。この際、今川義元は西条吉良氏の義昭に東条吉良氏も継がせ、吉良氏を統一させて今川家配下に組み込んでいる。なお、この際に義安の祖父と推定される後藤平太夫が反今川の首謀者として処刑されたと伝えられる<ref>小林、2019年、P259.</ref>。