「大日本航空球磨号墜落事故」の版間の差分

m (カテゴリ追加)
1939年5月17日、[[大日本航空]]の[[ロッキード]] [[ロッキード_L-14_スーパーエレクトラ|スーパーエレクトラ]]「球磨号」(双発[[レシプロ]]機、[[機体記号]]:J-BCOZ)は[[福岡]]から[[朝鮮]]の[[京城]](現在の[[韓国]]・[[ソウル特別市|ソウル]])を経由し[[中華民国]]の[[北京市|北京]]に向かう下り便として運航されるはずであった。
 
午前11時21分に[[福岡市]]にあった[[雁ノ巣飛行場]]([[福岡第一飛行場]]・現在の[[福岡市雁の巣レクリエーションセンター]])から離陸したが、直後に左エンジンがトラブルを起こし出力低下したため失速し、海岸近くの松林に墜落した。この事故で乗員3名乗客8名のうち乗員2名乗客4名の6名が犠牲となり、5名が重軽傷を負う惨事となった。
 
== 事故原因 ==
[[File:Kuma gou Memorial.jpg|thumb|right|150px|事故の慰霊碑]]
当時の雁ノ巣飛行場は大変狭い敷地(17万坪)しかなく、滑走路も当時の日本国内としては標準的な800mしかなかった。ため短い滑走路から離陸するために、エンジン出力を最大にして離陸上昇する必要があった。しかし事故機となったロッキード スーパーエレクトラは当時最新鋭の旅客機であり巡航速度もかったが、エンジン性能が悪く翼面荷重が大きいため低速度における安定性に難があった。また運航航空会社は同型機でエンジントラブルによる離陸事故を半年の間に2度も起こしていた。[[1938年]]12月には北京で、1939年1月には[[青島市|青島]]でいずれも胴体着陸したが、そのときは空港敷地が広かったため難を逃れていた。球磨号の殉職したパイロットも青島における事故機に搭乗しており、この時は飛行場付近の屋根に衝突し機体を大破させたが、犠牲者は出ていなかった。そのため、事故は事故機の性能に問題があったにもかかわらず、無理な急上昇をしようとしたため、エンジントラブルに遭遇したことと、空港敷地が狭かったことが原因とされた。
 
現在、雁ノ巣飛行場跡地に犠牲者の冥福を祈り「球磨号遭難者慰霊碑」が立っている。