「伏見街道」の版間の差分

m
→‎歴史: (京都府)|
m
m (→‎歴史: (京都府)|)
豊臣秀吉が、関白を辞し伏見に居を移すにあたって、[[天正]]年間あるいは[[文禄]]年間に京と伏見を結ぶ道として開いたといわれている。
 
江戸時代の伏見は交通の要衝であり、京と伏見の間の物資の運搬路として、この伏見街道に並行して、陸路の[[竹田街道]]や、水路の[[高瀬川 (京都府)|高瀬川]]水運が開かれた。しかし、当時の旅の中心は徒歩であり、稲荷神社(現在の[[伏見稲荷大社]])をはじめ沿道に名所が多いこの道は、観光の道として旅人の往来が多く、沿道には京から伏見に掛けて家屋が連担し、にぎわいを見せた。
 
近代に入り、日本初の路面電車が竹田街道に沿って京都と伏見を結ぶなど鉄道が整備され、