「伏見街道」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 法性寺大路と伏見街道 ===
 
京都の鴨川東岸には、古くから奈良へ至る道が通っており、平安時代に鴨川東岸に広く勢力を有していた法性寺の名から、法性寺路または法性寺大路と呼ばれた。
この法性寺大路は伏見街道と多くで重なるが、法性寺(現東福寺)付近では若干西側(鴨川側)のルートを取っていたようである。したがって伏見街道は秀吉が新たに開いた道ではなく、従来あった道(大和大路、法性寺路など)を再整備して伏見まで導いたものであろう。
* [[瀧尾神社 (京都市)|瀧尾神社]]
* [[東福寺]]
* [[法性寺 (京都市東山区)|法性寺]]
* [[田中神社 (京都市伏見区)|田中神社]]
* 伏見稲荷大社