「エサ=ペッカ・サロネン」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Esa-Pekka and Philharmonia in Apple Store in Berlin.JPG|thumb|right|250px|エサ=ペッカ・サロネン]]
[[ファイル:EsaPekkaSalonen 20081029.jpg|thumb|right|250px|エサ=ペッカ・サロネン]]
'''エサ=ペッカ・サロネン'''('''{{lang|fi|Esa-Pekka Salonen}}''', [[1958年]][[6月30日]] - )は、[[フィンランド]]の[[作曲家]]・[[指揮者]]。2008年から、[[フィルハーモニア管弦楽団]]の首席指揮者・芸術顧問を務める。また、[[ロサンジェルス・フィルハーモニック]]の桂冠指揮者である。
 
== 人物・来歴 ==
[[ヘルシンキ]]・[[シベリウス音楽院]]で、[[ホルン]]演奏と[[作曲]]を学ぶ。同級生の[[作曲家]][[マグヌス・リンドベルイ]]や[[サーリアホ]]と実験音楽合奏団「トイミー」({{lang|fi|Toimii}}、[[フィンランド語]]で「それは作用する」の意)を結成。その後、[[フランコ・ドナトーニ]]とニコロ・カスティリオーニのもとで作曲の研鑽を積む。当初は作曲活動に専念したが、1983年に急遽[[ロンドン]]で[[マイケル・ティルソン・トーマス]]の代役として[[フィルハーモニア管弦楽団]]の[[グスタフ・マーラー|マーラー]]作曲[[交響曲第3番 (マーラー)|交響曲第3番]]の公演を引き受けることとなり、指揮者としての経歴が開始された。その後も[[1985年]]から[[1994年]]までフィルハーモニア管弦楽団の首席客演指揮者を務めてきた。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
 
=== 注釈・出典 ===
{{Reflist}}
 
* [https://www.esapekkasalonen.com/ Esa-Pekka Salonen]
* [http://brahms.ircam.fr/esa-pekka-salonen Esa-Pekka Salonen] (at Ircam)
 
{{DEFAULTSORT:さろねん えさ へつか}}
{{先代次代|[[サンフランシスコ交響楽団]]<br>音楽監督</small>|2020年- |[[マイケル・ティルソントーマス]]|-}}
{{スウェーデン放送交響楽団 首席指揮者・音楽監督}}
{{ロサンジェルス・フィルハーモニック音楽監督}}
{{フィルハーモニア管弦楽団 首席指揮者}}
 
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:さろねん えさ へつか}}
[[Category:フィンランドの指揮者]]
[[Category:フィンランドの作曲家]]
匿名利用者