「交響曲第1番 (ホヴァネス)」の版間の差分

編集の要約なし
初演は[[1939年]][[5月26日]]、[[BBC交響楽団]]指揮[[レスリー・ハワード (指揮者)|レスリー・ハワード]]により全2楽章(現在の第1・3楽章)として演奏された。その後[[1970年]]に第2楽章を新たに作曲し、全3楽章の曲として完成した。初版の初演の際、[[レオポルド・ストコフスキー]]はこの交響曲の終楽章に衝撃を受け、彼に[[交響曲第2番 (ホヴァネス)|交響曲第2番]]の作曲を依頼している。
 
[[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン|ベートーヴェン]]の[[交響曲第1番 (ベートーヴェン)|交響曲第1番]]と[[交響曲第2番 (ベートーヴェン)|交響曲第2番]]はベートーヴェンが19歳の時に作曲されたが、同じ年にホヴァネスは交響曲第10番、8番、9番、5番、13番、54番を作曲した。しかしこれらは後になってから出版された。
 
== 楽器編成 ==
[[フルート]]2、[[オーボエ]]2、[[クラリネット]]2、[[ファゴット]]2、[[ホルン]]4、[[トランペット]]3、[[トロンボーン]]3、[[チューバ]]、[[ドラムセット|ドラム]]、[[ハープ]]、[[弦楽合奏#管弦楽の一部としての弦楽合奏|弦五部]]
 
== 構成 ==
# Andante espressivo
# Grazioso
# Finale: Andante; presto .
古典的な4楽章によっているが、後半2楽章は緩と急が連結されている。第1楽章はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットを含む大規模な[[木管楽器]]の独奏による。弦はピッキングを行いながら伴奏に回っている。第2楽章はハープと弦、第3楽章はフーガによる。
 
== 外部リンク ==
*[http://www.hovhaness.com/Sym_01_14.html 公式HPの解説]
 
匿名利用者