「土村芳」の版間の差分

→一部を修正。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→一部を修正。)
 
== 略歴 ==
[[盛岡市]]に生まれ、同市内にて[[畑中美耶子]]が主宰する小学生中心の子ども劇団「盛岡子供劇団CATSきゃあ」に姉の[[土村萌]]とともに3歳の時より所属<ref name="iwatenp20160517"/><ref name="linenews20161002"/>。[[2001年]]、小学4年生の時には[[東和町 (岩手県)|東和町]](現・[[花巻市]])を舞台に撮影された[[日本放送協会|NHK]]の正月ドラマ『夢駆ける大地 〜私、牛を飼います〜』に地元の[[子役]]として出演したこともあるが<ref name="miroku">{{Cite web |url=http://0369.jp/staff02.php |title=少年・江美留/土村 芳 |work=CAST |publisher=彌勒 MIROKU 公式サイト |accessdate=2016-09-21}}</ref><ref>{{Cite web |date=2000-12-08 |url=http://www.ja-iwate.or.jp/nogyotopics/page.php?id=442 |title=NHKドラマ「〜牛を飼います」東和町でロケ NHK1月2日放映 |work=[[日本農業新聞]]トピックス |publisher=岩手県農業協同組合中央会 |accessdate=2016-09-23}}</ref>当時子ども劇団は習い事の1つといった感覚で<ref name="tvguide20161113">{{Cite news |title=今週のいちばん星 vol.320 土村 芳 -KAHO TSUCHIMURA- |newspaper=[[週刊TVガイド#インターネットTVガイド|インターネットTVガイド]] -Daily- |publisher=[[東京ニュース通信社]] |date=2016-11-13 |author=宮浦彰子 |url=http://www.tvguide.or.jp/column/ichibanboshi/20161118/ |accessdate=2016-11-24}}</ref>、子ども劇団の解散とともに芝居からは一旦離れる<ref name="jprime20161201">{{Cite news |title=『べっぴんさん』の土村芳、大学の先輩・黒木華は「オーラがすごかった」 |page=2 |newspaper=[[週刊女性]]PRIME |publisher=[[主婦と生活社]] |date=2016-12-01 |url=http://www.jprime.jp/articles/-/8652?page=2 |accessdate=2016-12-04}}</ref>。一方で、小学2年生の時に始めた[[新体操]]に打ち込んで<ref name="mainichi20161127">{{Cite news |title=土村芳:朝ドラで注目“昭和顔女優”の素顔 林海象監督に見いだされ… |newspaper=[[毎日新聞]] |date=2016-11-27 |url=http://mainichi.jp/articles/20161126/dyo/00m/200/012000c |accessdate=2016-11-27}}</ref>、[[岩手大学教育学部附属中学校]]を経て[[盛岡白百合学園中学校・高等学校|盛岡白百合学園高等学校]]にスポーツ推薦で進学すると<ref>{{Cite news |title=古里舞台へ意欲 盛岡出身の女優 土村芳さん |newspaper=[[岩手日報]] |date=2014-04-20}} {{Cite web |date=2014-10-29 |url=http://www.msgsp.jp/high/cgi-bin/news.cgi?category=graduate&primaryKey=20141030172510 |title=初主演映画「彌勒MIROKU」 古里盛岡で上映です |work=News Release |publisher=[[盛岡白百合学園中学校・高等学校|盛岡白百合学園高等学校]] |accessdate=2016-09-21}} {{Cite news |title=朝ドラ『べっぴんさん』きみちゃん役でブレイク! 話題の実力派女優・土村芳にインタビュー <土村さんってどんな子?編> |newspaper=BEST TIMES powered by [[Street Jack|STREET JACK]] |publisher=[[ベストセラーズ]] |date=2016-12-04 |author=古澤誠一郎 |url=http://best-times.jp/articles/-/3876 |accessdate=2016-12-08}}</ref>、高校在学時に[[新体操]]で[[全国高等学校総合体育大会|インターハイ]]に出場する<ref name="mainichi20161127"/>。体育大学に進んで新体操を続ける選択肢もあったが、体育教師になるのもどうだろうとその後の進路に疑問を抱き<ref name="jprime20161201"/>、大学進学を控えて「自分が一番やりたいことは何なのか?」とあらためて問い直した時に子供劇団時代に経験した本番のワクワク感や楽しかった記憶が一気に蘇り、[[俳優|女優]]を志して[[京都造形芸術大学]]映画学科俳優コースへと進学する<ref name="tvguide20161113"/><ref name="mainichi20161127"/><ref>{{Cite web |date=2016-10-24 |url=http://hikarigraph.com/pickup/pickup1024/ |title=土村芳 後編 |work=PICKUP |publisher=ヒカリグラフ |accessdate=2016-10-25}}</ref><ref name="realsound20161127">{{Cite news |title=『べっぴんさん』きみちゃん役でブレイク! 土村芳「この瞬間が私にとっての“べっぴん”です」 |newspaper=リアルサウンド 映画部 |publisher=blueprint |date=2016-11-27 |author=石井達也 |url=http://realsound.jp/movie/2016/11/post-3319.html |accessdate=2016-11-27}}</ref>。
 
大学在学中より劇団に所属し、数々の舞台作品や自主制作映画作品に出演<ref>{{Cite web |url=http://veticavetica.web.fc2.com/tutimura.html |title=土村芳 |work=劇団員 |publisher=劇団ヘルベチカスタンダード |accessdate=2016-09-22}} {{Cite web |url=http://nekomanma01.web.fc2.com/member.html |title=劇団員 |publisher=劇団ねこまんま |accessdate=2016-09-22}}</ref>、学生制作の映画では製作も経験する<ref name="realsound20161127"/>。同学科同コースの1学年上の先輩にはすでに在学中より[[野田秀樹]]のNODA・MAP公演など外部でも活動していた[[黒木華]]がおり、大きな影響を受けたという<ref name="jprime20161201"/><ref name="cinematoday20161127">{{Cite news |title=まるで別人?べっぴんさん君枝の素顔 昭和顔は「光栄」 |newspaper=シネマトゥデイ |date=2016-11-27 |author=磯部正和 |url=http://www.cinematoday.jp/page/N0087791 |accessdate=2016-11-27}}</ref>。やがて、『[[私立探偵 濱マイク]]』シリーズなどで知られ、同大学の教授も務める映画監督・[[林海象]]によって見出されて、[[2011年]]の劇団姫オペラ{{Refnest|group="注"|[[林海象]]と[[京都造形芸術大学]]映画学科俳優コースの2期生女子を中心に結成された劇団<ref>{{Cite web |date=2011-08-10 |url=http://himeopera.blog58.fc2.com/blog-entry-28.html |title=チケット予約 |work=姫達の徒然日誌。 |publisher=劇団姫オペラ |accessdate=2016-10-31}}</ref>。}}の第2回公演『花ちりぬ』で主演・あきら役に抜擢される<ref name="dokant">{{Cite web |date=2014-07-16 |url=http://mag.dokant.com/201407-1801 |title=土村 芳 新進女優が「愛の渦」監督舞台に |work=早耳!エンタメ・インタビュー!! 273 |publisher=ドカント |accessdate=2016-09-21}}</ref>。さらに京都造形芸術大学映画学科「北白川派」<ref group="注">プロの監督・俳優と学生で、毎年1本の劇場公開作品を共同製作し配給するプロジェクト。</ref>第3弾『カミハテ商店』(2012年11月公開、山本起也監督)で映画デビューしたのに続き、同第4弾『彌勒 MIROKU』(2013年10月公開、林海象監督)で再び林海象により抜擢されて[[永瀬正敏]]とともに主演を務め、映画初主演<ref name="miroku"/>。
3,433

回編集