「ジョン・モウブレー (第4代ノーフォーク公)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{基礎情報 皇族・貴族
第4代[[ノーフォーク公]]'''ジョン・モウブレー'''(John Mowbray, 4th Duke of Norfolk, [[1444年]][[10月18日]] - [[1476年]][[1月14日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族である。第3代ノーフォーク公[[ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)|ジョン・モウブレー]]とエレノア・バウチャー([[ウー伯]]ウィリアム・バウチャーと[[アン・オブ・グロスター]]の娘)の一人息子として生まれた。
| 人名 = ジョン・モウブレー
| 各国語表記 = John Mowbray
| 家名・爵位 = 第4代[[ノーフォーク公]]
| 画像 = Coat of Arms of John de Mowbray, 4th Duke of Norfok, KG.png
| 画像サイズ =
| 画像説明 = ジョン・モウブレーの紋章
| 在位 = [[1461年]] - [[1476年]]
| 続柄 =
| 称号 = [[サリー伯爵|サリー伯]]
| 全名 =
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = {{生年月日と年齢|1444|10|18|no}}
| 生地 =
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1444|10|18|1476|1|14}}
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 = エリザベス・タルボット
| 子女 = [[アン・モウブレー|アン]]
| 家名 = [[モウブレー家]]
| 父親 = 第3代ノーフォーク公[[ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)|ジョン・モウブレー]]
| 母親 = エレノア・バウチャー
| 栄典 =
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
第4代[[ノーフォーク公]]'''ジョン・モウブレー'''(John Mowbray, 4th Duke of Norfolk, [[1444年]][[10月18日]] - [[1476年]][[1月14日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族である。
 
== 生涯 ==
第4代[[ノーフォーク公]]'''ジョン・モウブレー'''(John Mowbray, 4th Duke of Norfolk, [[1444年]][[10月18日]] - [[1476年]][[1月14日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族である。第3代ノーフォーク公[[ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)|ジョン・モウブレー]]とエレノア・バウチャー([[ウー伯]]ウィリアム・バウチャーと[[アン・オブ・グロスター]]の娘)の一人息子として生まれた。
 
[[1451年]]に再創設された[[サリー伯爵|サリー伯]]に叙爵、[[1461年]]に死んだ父の後を継いで[[ノーフォーク公]]となり所領を継いだ。[[薔薇戦争]]では[[ヨーク朝]]のイングランド王[[エドワード4世 (イングランド王)|エドワード4世]]に従い[[ランカスター朝]]の掃討に務め、[[1462年]]は[[スコットランド王国|スコットランド]]から南下した[[マーガレット・オブ・アンジュー]]らランカスター派を[[ノーサンバーランド (イングランド)|ノーサンバーランド]]で迎え撃ち[[アニック・カースル|アニック城]]などを奪った。しかしエドワード4世に所領を狙われ、[[1465年]]に祖母キャサリンが王妃[[エリザベス・ウッドヴィル]]の弟ジョンと政略結婚させられている。それでもエドワード4世に従い続け、彼が弟の[[クラレンス公]][[ジョージ・プランタジネット (クラレンス公)|ジョージ・プランタジネット]]と[[ウォリック伯]][[リチャード・ネヴィル (第16代ウォリック伯)|リチャード・ネヴィル]]と対立した時はエドワード4世に味方したためウォリック伯に捕らえられたが、エドワード4世がウォリック伯を討ち取り権力を取り戻すと解放された<ref>ギース、P180 - P181、ロイル、P276、P297、P307、P321。</ref>。