「スターリング・ポンド」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{出典の明記|date=2013年9月}}
[[File:GBP-USD Sample.png|thumb|イギリスポンド-アメリカドルにおける1分毎の値動きの例<br />(2013年9月8日, DMM FX チャート)]]
ポンド/米ドルの通貨ペアの取引量は2016年の時点ではユーロ/米ドル、米ドル/円に次いで3番目に多いが、ポンドは輸出入による[[実体経済]]の為替需要が少なく、取引の殆どは投機資金であり、貨幣の流通量が少ないために価値が変動しやすく、ポンド[[外国為替証拠金取引|FX]]通貨ペア相場において何れも一攫千金を狙うトレーダー、相場の進展激戦区早さ価格の変動幅の大きさと不規則ってい値動きで有名である。この相場で生き残ることは難しく、1日で[[破産]]にまで追い込まれるケースが多々あることから、ポンドは別名「[[殺人]]通貨」(あるいは「[[悪魔]]の通貨」)とも呼ばれ、ポンドの通貨ペアは何れも一攫千金を狙うトレーダーの激戦区となってい
[[外国為替証拠金取引|FX]]の相場においては、相場の進展の早さと価格の変動幅の大きさと不規則な値動きで有名である。
 
実際の取り引きにおいては、テクニカル指標からは予測できないようなトレンドが突然発生し、天井からさらに上に抜ける、底値からさらに下に落ちるといった、売買タイミングの判断ミスを誘うようなダマシと呼ばれる値動きられる。また、直近数日間の最安価格を付けてから直近数日間の最高価格まで数分で駆け上がるような値動きもある。このような意表を突いた値動きが多く、とても不規則な値動きをするため、[[ギャンブル]]性は高い。平時の米ドル - 円価格の変動幅は多くても1日に1円程度だが、ポンド - 円のそれは急激で、1日に2 - 3円程度動く事も珍しくなく、[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票]]など大きなイベントが起こった際の変動幅も大きい。
ポンド/米ドルの通貨ペアの取引量は2016年の時点ではユーロ/米ドル、米ドル/円に次いで3番目に多いが、ポンドは輸出入による[[実体経済]]の為替需要が少なく、取引の殆どは投機資金であり、貨幣の流通量が少ないために価値が変動しやすく、ポンドの通貨ペアは何れも一攫千金を狙うトレーダーの激戦区となっている。この相場で生き残ることは難しく、1日で[[破産]]にまで追い込まれるケースが多々あることから、ポンドは別名「[[殺人]]通貨」(あるいは「[[悪魔]]の通貨」)とも呼ばれる。
 
実際の取り引きにおいては、テクニカル指標からは予測できないようなトレンドが突然発生し、天井からさらに上に抜ける、底値からさらに下に落ちるといった、売買タイミングの判断ミスを誘うような値動きに見える。また、直近数日間の最安価格を付けてから直近数日間の最高価格まで数分で駆け上がるような値動きもある。このような意表を突いた値動きが多く、とても不規則な値動きをするため、[[ギャンブル]]性は高い。平時の米ドル - 円価格の変動幅は多くても1日に1円程度だが、ポンド - 円のそれは急激で、1日に2 - 3円程度動く事も珍しくなく、[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票]]など大きなイベントが起こった際の変動幅も大きい。
 
資金力のあるトレーダーによる意図的な価格操作により、[[テクニカル分析|テクニカル指標]]自体を無効にするような突発的な値動きが頻発するため、予想を外した場合に行う[[損切り]]を素早く確実に行える「熟練者向けの通貨」であると言われている。