「2019年の日本シリーズ」の版間の差分

→一部出典を追記。
(→一部を修正。)
(→一部出典を追記。)
今回は元号が[[令和]]になってから初めての日本シリーズ開催となる。今回も前年と同様に[[予告先発投手|予告先発]]を採用した。
 
なお、この日本シリーズ終了をもって、巨人は[[阿部慎之助]]が現役を引退。第4戦の試合終了後に、右翼席スタンド側及び本塁ベース付近にて、それぞれ10回の胴上げが行われた(後者についてはソフトバンク側の申し出で実現し、ソフトバンクのキャプテン・[[内川聖一]]が音頭を取った)<ref>{{Cite web|publisher=スポーツ報知|url=https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50284.html|title=【巨人】阿部「感謝」両軍から胴上げ「この重い体を10回も上げてもらってうれしい」|date=2019-10-22|accessdate=2019-10-25}}</ref><ref>{{Cite web|publisher=デイリースポーツ|url=https://www.daily.co.jp/baseball/2019/10/23/0012814874.shtml|title=ソフトバンクが粋な演出「重いから」と断る巨人阿部を胴上げ 引退のベテランに敬意|date=2019-10-22|accessdate=2019-10-25}}</ref>。なお、一部では、このソフトバンク側の行動について、当時同時期に日本で開催されていた[[ラグビーワールドカップ2019]]になぞらえて「ノーサイド(ラグビー用語で、試合終了後に敵味方の枠を超えてお互いの健闘を讃えあうこと)」と称された<ref>{{Cite web|publisher=スポーツニッポン|url=https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/23/kiji/20191023s00001173454000c.html|title=これぞノーサイド…ソフトBナイン、異例の申し入れ 引退する巨人・阿部を感動のサプライズ胴上げ|date=2019-10-22|accessdate=2019-10-25}}</ref><ref name="nipponseriesasahi201904a">『[[朝日新聞]]』2019年10月24日付朝刊。</ref>。また、[[スコット・マシソン]]も引退の意向を表明した<ref>{{Cite web|publisher=スポーツ報知|url=https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50233.html|title=【巨人】マシソンが現役引退表明「本日をもってプロ野球生活を終えたい」|date=2019-10-22|accessdate=2019-10-25}}</ref><ref>{{Cite web|publisher=サンケイスポーツ|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20191024/gia19102413420012-n1.html|title=【球界ここだけの話(1778)】巨人一筋8年 現役引退を決断したマシソンと“家族”の存在|date=2019-10-23|accessdate=2019-10-25}}</ref>。
 
== レギュレーション ==
先制点は4回表、ソフトバンクに入る。「1死一、三塁」からグラシアルが、フルカウントからの外角のスライダーをバックスクリーン左に3点本塁打を放つ<ref name="nipponseriesgracialhomerun201904a">{{Cite web|publisher=西日本スポーツ|url=https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/553461/|title=G党ため息…日本一王手SBグラシアルが菅野撃ち弾|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref><ref name="nipponseriesgracialhomerun201904b">{{Cite web|publisher=Full-Count|url=https://full-count.jp/2019/10/23/post583235/|title=勝てば日本一の鷹、グラシアルが先制3ラン 2戦連発、シリーズ3発目「最高の結果に」|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref>。対する巨人は、6回裏の2死一塁から、4番の岡本がソフトバンクの2番手投手である[[ロベルト・スアレス]]から、157kmのストレートをフルスイングして右翼席に2点本塁打を放って1点差に詰める<ref name="nipponseriesokamotohomerun201904a">{{Cite web|publisher=スポーツ報知|url=https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50156.html|title=【巨人】岡本が日本シリーズ1号…スアレス157キロを右翼席へ|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref>。
 
試合が大きく動いたのは7回表。1死から福田の三ゴロを岡本が弾いて失策になり、次打者の松田宣が遊撃への内野安打で「1死一、二塁」の場面になる<ref name="nipponseriesyamamotodefence201904b">{{Cite web|publisher=Full-Count|url=https://full-count.jp/2019/10/23/post583289/|title=勝てば日本一の鷹、再びリード広げる! 巨人は守乱、岡本&山本の失策で追加点献上|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref>。ソフトバンクは長谷川勇を代打で起用、打球は[[二塁手]]へのゴロになる。しかしここで、二塁手として途中出場していた山本が、併殺プレーを焦ってしまい悪送球になり、ソフトバンクが1点を追加、「4対2」になる<ref name="nipponseriesyamamotodefence201904a" /><ref name="nipponseriesyamamotodefence201904b" />。その後、次打者の甲斐野の送りバントが内野安打になり、「1死満塁」になって菅野は降板した(菅野は結局、「6回3分の1、自責点3」で降板。その後、2番手投手として登板した[[中川皓太]]が、代打の内川を二ゴロ併殺に打ち取ったので、この回はこれ以上の追加点はなかった)<ref name="nipponseriesyamamotodefence201904a" /><ref name="nipponseriesasahi201904a">『[[朝日新聞]]』2019年10月24日付朝刊。< /ref>。
 
7回裏の巨人の攻撃、「2死一、二塁」から丸が[[リバン・モイネロ]]から日本シリーズ初安打になる適時二塁打を左越えに放って、再び1点差に迫る(このときまで、丸は「15打席で無安打」であった)<ref name="nipponseriesasahi201904a" /><ref name="nipponseriesmaru201904a">{{Cite web|publisher=Full-Count|url=https://full-count.jp/2019/10/23/post583316/|title=シリーズ無安打だった丸が左越え適時二塁打 巨人が7回に1点差に迫る|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref>。
3,433

回編集