「利用者:愛球人/sandbox11」の版間の差分

編集の要約なし
 
第3戦を含めて、坂本勇と丸がほぼ完全に封じられた試合が続いていることについて、スポーツライターの[[鷲田康]]は、「ソフトバンクのバッテリーが内角への残像を植え付ける配球ができている」と分析<ref name="nipponseriessakamotomaru201903c">{{Cite web|publisher=Number Web|url=https://number.bunshun.jp/articles/-/841197|title=全てナックルカーブや内角の“残像”。巨人に3連勝、ホークスの特殊配球。|date=2019-10-23|accessdate=2019-10-27}}</ref>。野口は、「同じ球種やコースを続けて要求できる甲斐のリードは『勇気のある配球』である。特に坂本勇に内角を続ける配球は、タイミングを狂わせることに成功している」と評価している<ref name="nipponseriesfullcount201903b">{{Cite web|publisher=Full-Count|url=https://full-count.jp/2019/10/23/post582671/|title=巨人坂本勇を「狂わせる」徹底した内角攻め 鷹・甲斐の「同じ球を続ける勇気」|date=2019-10-23|accessdate=2019-10-27}}</ref>。東尾は、「『バンデンハークー甲斐』のバッテリーが、緩い[[カーブ (球種)|カーブ]]をうまく使う配球で封じ込めている」と評価している<ref name="nipponseriesbunseki201903c">{{Cite web|publisher=スポーツニッポン|url=https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/23/kiji/20191023s00001173100000c.html|title=【東尾修 日本シリーズ大分析4】シリーズの鉄則守ったバンデン 眠れる坂本、丸、岡本封じ|date=2019-10-23|accessdate=2019-10-27}}</ref>。
 
また、[[浜名千広]]は「[[石川柊太]]を5回に投入して2イニングをパーフェクトの内容で投げたことが大きかった」評価している<ref name="nipponseriesnikkan201903b">{{Cite web|publisher=日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201910230000358.html|title=初戦でソフトV確信 救援陣に圧倒的な差/浜名千広|date=2019-10-23|accessdate=2019-12-31}}</ref>。
 
== 第4戦 ==
3,433

回編集